ショウブ 近縁種

ショウブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:20 UTC 版)

近縁種

近縁のセキショウ(石菖)は、ショウブの半分ほどの葉の長さ30 - 50 cmと、やや小柄な深緑色の草で、ショウブのように中脈は目立たず[4]渓流沿いに生える。根茎は、昔から薬草として珍重されており、鎮痛、鎮静、健胃薬にされ[2]神経痛痛風の治療にも使用した。蒸し風呂(湿式サウナ)では、床に敷いて高温で蒸す状態にしてテルペン(鎮痛効果がある)を成分とする[要出典]芳香を放出させ、皮膚呼吸器から体内に吸収するようにして[要出典]利用する。

脚注

[脚注の使い方]

参考文献


注釈

  1. ^ 旧来のクロンキスト体系ではサトイモ目ショウブ科で、新エングラー体系などではサトイモ目サトイモ科のショウブ属に属する。

出典



「ショウブ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ショウブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ショウブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショウブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS