RO膜とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > RO膜の意味・解説 

RO膜

読み方:アールオーまく
別名:逆浸透膜
英語:Reverse Osmosis Membrane

ナノメートルかそれ以下の超微細な孔をもった膜。濾過装置として用いられる。RO膜の孔サイズ極めて小さく水分子逆浸透現象によって濾過が行われるため、細菌病原菌イオンなど、不純物をほぼ全て除去することが可能である。そのため、ほぼ純粋を製造することができる。

逆浸透膜

(RO膜 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 06:38 UTC 版)

逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく、: reverse osmosis membrane)とは、ろ過膜の一種であり、を通しイオンや塩類など水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のこと。孔の大きさは概ね2ナノメートル以下(ナノメートルは1ミリメートルの百万分の一)で限外ろ過膜よりも小さい。英語名の頭文字をとってRO膜とも呼ばれる。




「逆浸透膜」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「RO膜」の関連用語

RO膜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



RO膜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの逆浸透膜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS