Halleとは?

アダン ド ラ アル 【Adam de la Halle】 ○

1235頃~1285頃フランス吟遊詩人劇作家トルベール一人牧歌風音喜劇ロバンマリオンの劇」他、多数歌曲抒情詩を残す。

ハレ 【Halle】 ◇


ハレ 【Morris Halle】 ○

1923~ ラトビア生まれ言語学者。のち、アメリカ帰化音韻論研究で有名。生成音韻論で英語の音を分析した「英語の音型」(チョムスキーとの共著)は重要な著作

Halle


ハレ

(Halle から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/12 09:32 UTC 版)

ハレ

地名 (Halle)

その他


HALLE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/24 04:22 UTC 版)

Halle
カシオペアスタジオ・アルバム
リリース
録音 1985年5月18日-6月12日 Studio Jive, 東京 日本の旗
ジャンル フュージョン
時間
レーベル アルファレコード
ALR-28071
プロデュース 野呂一生
専門評論家によるレビュー
  • CDジャーナル link
ゴールドディスク
ゴールド(日本)
カシオペア 年表
DOWN UPBEAT
(1984年)
『Halle』
(1985年)
CASIOPEA LIVE
(1985年)
EANコード
EAN 4542696000613
『Halle』収録のシングル
  1. 「Halle/Hoshi-Zora/Looking Up ALR-12003」
    リリース: 1985年8月25日
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 0/5stars[1]

Halle』(ハレ)は、日本のフュージョンバンド、カシオペアの13枚目のアルバム。

収録曲

Side A
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「ハレ」(Halle)   カシオペア
2. 「ホシ・ゾラ」(Hoshi-Zora)   野呂一生
3. 「ストリート・パフォーマー」(Street Performer)   神保彰
4. 「ザ・ターニング・ベル」(The Turning Bell)   野呂一生
5. 「ノース・シー」(North Sea)   野呂一生
6. 「マツリ・バヤシ」(Matsuri-Bayashi)   野呂一生
合計時間:
Side B
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「タッチ・ザ・レインボー」(Touch The Rainbow)   神保彰
2. 「アフター・スクール」(After School)   向谷実
3. 「フリージア」(Freesia)   櫻井哲夫
4. 「マリン・ブルー」(Marine Blue)   野呂一生
5. 「パラドックス・マーチ」(Paradox March)   向谷実
合計時間:

参加ミュージシャン

CASIOPEA

野呂一生 - エレクトリックギター (YAMAHA Issei Model, SG-3000 Fretless)、パーカッション、コーラス
向谷実 - キーボード (YAMAHA DX-7, KX-88, TX-816, EMULATOR-IIアコースティック・ピアノ)
櫻井哲夫 - ベース (YAMAHA Tetsuo Model, BB-5000, BB-3000 Fretless)
神保彰 - ドラム (YAMAHA YD-9000RG & RD, Zildjan Symbals, Simmons SDS-5)、パーカッション

制作クレジット

  • プロデューサー - 野呂一生
  • コ・プロデューサー - 宮住俊介
  • レコーディング、リミックス・エンジニア - 杉森浩二
  • アシスタント・エンジニア - 志村広行、Hironobu Asano
  • デザイナー - Toshinao Tsukui
  • 写真家 - 稲越功一


  • リマスタリング - 鈴木浩二 (2016/7/27 ハイリゾ版)

リリース日一覧

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号 備考
日本 1985年9月10日 アルファレコード 30cmLP ALR-28071 Stereo
カセット ALR 28071
12cmCD 32XA-38
1992年3月21日 ALCA-283
1994年8月31日 ALCA-9013
1998年8月29日 ALCA-9208
2002年2月20日 ヴィレッジ・レコード デジタルリマスター 12cmCD VRCL-2213 DSD, 紙ジャケ
2002年3月13日 VRCL-2233 DSD
2009年5月27日 ソニー・ミュージックダイレクト MHCL-20015 DSD, ブルースペックCD, 紙ジャケット
2016年2月3日 デジタル・ダウンロード 1076263332 iTunes Store[2]
4582290418711 mora AAC-LC 320kbps[3]
A1003862582 レコチョク AAC 320kbps[4]
B00005V4H3 Amazon.com[5]
Bchw2oo2krjkaxbz7iurrcegqeq Google Play Music [6]
2016年7月27日 4582290418711 mora DSD 2.8MHz/1bit[7]
smj4582290418711 e-onkyo DSD 2.8MHz/1bit[8]
11193 HD-music DSD 2.8MHz/1bit[9]
4582290418643 mora FLAC 96.0kHz/24bit[10]
A2000673655 レコチョク FLAC 96kHz 24bit[11]
smj4582290418643 e-onkyo FLAC 96kHz 24bit[12]
11201 HD-music FLAC 96kHz/24bit[13]
cdaa471df3b4fe9a1f91 AWA 320kbps[14]
2016年11月10日 26i0DoGvasdPo45gJYcNlM Spotify[15]

参考文献

外部リンク

出典・脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Allmusic review
  2. ^ HALLE CASIOPEA”. Apple Inc.. 2016年2月3日23:00閲覧。
  3. ^ HALLE CASIOPEA”. LevelGate Co.,Ltd... 2016年2月3日23:00閲覧。
  4. ^ HALLE CASIOPEA”. RecoChoku Co.,Ltd.. 2016年2月3日23:00閲覧。
  5. ^ HALLE CASIOPEA”. Amazon.com, Inc... 2016年2月3日23:00閲覧。
  6. ^ HALLE CASIOPEA”. Google Inc.. 2017年2月16日20:00閲覧。
  7. ^ HALLE CASIOPEA”. LabelGate Co.,Ltd.. 2016年7月31日13:30閲覧。
  8. ^ HALLE CASIOPEA”. Onkyo & Pioneer Innovations Corporation. 2016年7月31日15:15閲覧。
  9. ^ HALLE CASIOPEA”. JVCKENWOOD Victor Entertainment Corporation. 2016年7月31日13:00閲覧。
  10. ^ HALLE CASIOPEA”. LabelGate Co.,Ltd.. 2016年7月31日13:30閲覧。
  11. ^ HALLE CASIOPEA”. RecoChoku Co.,Ltd.. 2017年2月15日22:00閲覧。
  12. ^ HALLE CASIOPEA”. Onkyo & Pioneer Innovations Corporation. 2016年7月31日15:15閲覧。
  13. ^ HALLE CASIOPEA”. JVCKENWOOD Victor Entertainment Corporation. 2016年7月31日13:00閲覧。
  14. ^ HALLE CASIOPEA”. AWA Co. Ltd.. 2017年2月16日22:00閲覧。
  15. ^ HALLE CASIOPEA”. Spotify AB. 2017年2月16日22:00閲覧。

+Halle

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 05:47 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
+Halle A/S
+halle logo
種類 A/S
略称 +Halle (読み方:プラスハレ)
本社所在地 デンマーク
Europaplads 16, 3. floor
8000 Aarhus C
設立 2008年
業種 家具製造販売
代表者 CEO/Owner Lars Schmidt Hansen
外部リンク http://www.plushalle.com/
テンプレートを表示

『+Halle』(プラスハレ)とは、デンマークオーフスに本社を持つ家具メーカーおよび、そのブランド名である。コンセプトは「Creating Human Space」(空港、病院、オフィス、公共施設など、場所の種類に関わりなく、人々に休憩を取る機会を与える空間を作る)。ラウンジ・パブリック空間での使用に特化した家具ブランド。

概要

ヨーロッパの家具メーカー・ブランドは100年を超える企業が多い。創業家のファミリーネームがそのまま会社名・ブランドとして継承されている伝統的な企業やブランドも多い。そんな中『+Halle』(プラスハレ)は、2014年にスタートしており、世界的にも最も新しい家具メーカー・ブランドのひとつ。

企業としては、2008年に『Globe Zero 4』の法人名・ブランドとして設立された。デンマークのデザイン事務所『Zero 4 社』と家具製造会社『GLOBE FURNITURE 社』との合併が原点となる。そして、設立から6年目の2014年に『+Halle』(プラスハレ)に会社名とブランド名を変更した。

『+Halle』(プラスハレ)として発足した際に、キャッチフレーズ「Creating Human Space」をブランドロゴと併記し、デザイン・フィロソフィー(哲学)を明確に提示するようになる。それは、欧州には世界で最も多くの家具メーカー・ブランドが存在する。まさに、群雄割拠、玉石混淆ともいえる家具マーケットにおいて、新興企業・ブランドには差別化・特化が必要であり、その中で打ち出したキャッチフレーズが「Creating Human Space」と言える。このフレーズは「空港、病院、オフィス、公共施設など、場所の種類に関わりなく、人々に心地よくリラックスする機会を与える空間を作る」ことを意味する。

ビジネススタイルとしては、多くの欧州家具ブランドと同じくグローバルマーケットを意識して製品を発表している。そして、ターゲットとしているマーケットはコントラクトマーケット(企業オフィスも含めた商業市場)そして、ここが一番特徴的であるが、ラウンジ・パブリック空間での使用に特化したラウンジチェア、ソファ、ベンチ、ブースなど、限られたタイプの家具のみを製造販売している。

沿革

  • 2008年 デンマークの家具製造会社『GLOBE FURNITURE 社』とデンマークのデザイン事務所『Zero 4 社』が合併し『Globe Zero 4 社』を設立
GLOBE ZERO4 logo.png
  • 2014年 『+Halle』(プラスハレ)に社名変更。この際に、キャッチフレーズ「Creating Human Space」をブランドと共に明示するようになる。「Creating Human Space」には「"人"のために家具をデザインする」というデザイン・フィロソフィーが込められている。
Halle old logo.png
  • 2015年 ブランドロゴを変更。発表の時は、白地に黒文字ではなく、様々な色の下地に白文字という「マルチカラーロゴ」を発表した。これは、常に以前より良質な行動をする(進化する、前進する)という基本価値を「一色に染まらず常に変化する」ということを表現している。
Halle-news-logo.gif

参考文献

外部リンク






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Halle」の関連用語

Halleのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Halleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハレ (改訂履歴)、HALLE (改訂履歴)、+Halle (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS