酒呑場遺跡とは?

酒呑場遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/29 08:09 UTC 版)

酒呑場遺跡(さけのみばいせき)は、山梨県北杜市(旧北巨摩郡長坂町長坂上条)にある遺跡。縄文時代の集落遺跡。出土品683点が国の重要文化財に指定されている。 座標: 北緯35度49分12.3秒 東経138度22分11.1秒 / 北緯35.820083度 東経138.369750度 / 35.820083; 138.369750




[ヘルプ]
  1. ^ レプリカ・セム法は1990年代初頭に開発された、シリコーン樹脂で土器圧痕など考古遺物表面の凹部を型どり、表面を顕微鏡(SEM)で観察することによって検出された植物圧痕の生物学的同定作業を行う方法で、山梨県博ではレプリカ・セム法を用いた植物圧痕の観察・分析により栽培植物の起源に関する研究を行なっている。
  2. ^ 栽培ダイズの圧痕が検出された蛇体把手付土器は高さ33.4センチメートル、最大径24.5センチメートルの深鉢形土器。完形で胴部がくびれ、口縁部にの造形(蛇体文様)が表現された把手が付けられている。ダイズ圧痕が検出されたのは把手上部の欠損部にあたる。


「酒呑場遺跡」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酒呑場遺跡」の関連用語

酒呑場遺跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酒呑場遺跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒呑場遺跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS