蕗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > の意味・解説 

ふふき【×蕗】

フキ古名

近江路の篠(しの)の小―はや曳(ひ)かず」〈催馬楽近江路


ふき【×蕗/×苳/款冬/菜蕗】

キク科多年草原野道端生える。地下長い根茎が横に走り早春蕗の薹(とう)とよぶ若い花茎出し頭状花が開くにつれて花茎伸ばす雌雄異株。花後、長い多肉質の柄をもつ腎臓形のをつける。葉柄蕗の薹食用。《 夏》「―むくやまた襲ひきし歯のいたみ/久女」


ふき【菜蕗/蕗/富貴/布貴】


作者安西水丸

収載図書草のなかの線路
出版社徳間書店
刊行年月1994.1


フキ

フキ
科名 キク科
別名: フキノトウ
生薬名: ホウトウサイ蜂斗菜
漢字表記
原産 日本朝鮮半島中国
用途 古くから葉柄ようへい」を食用にしている日本野菜です。早春芽吹く花茎フキノトウと呼んで食用にします。中国では根茎薬用として用いています。
学名: Petasites japonica Miq.
   

ふき (蕗)

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

Petasites japonicus

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国にも分布しています。蕗の薹ふきのとう)は春を告げ山菜の代表ですが、これは花芽で包んだにあたります。雌株雄株があり、根生葉は花が終わるころから地上現れます。食用として伽羅蕗きゃらぶき)やフキ味噌合えにされます。むかしは日陰干しにして、落し紙としても使ったそうです
キク科フキ属の多年草で、学名Petasites japonicus。英名は Sweet coltsfoot
キクのほかの用語一覧
ヒレアザミ:  鰭薊
ピロパップス:  テキサス蒲公英
フキ:  秋田蕗  蕗
フキタンポポ:  蕗蒲公英
フクオウソウ:  福王草
フタマタタンポポ:  クレピス・アウレア

読み方:フフキ(fufuki)

キク科多年草園芸植物薬用植物

学名 Petasites japonicus


読み方:フキfuki

宿根性多年草

季節

分類 植物


読み方
ふき

フキ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 19:51 UTC 版)

フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗、学名Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.[1])は、キク科フキ属の多年草雌雄異株。早春の花茎をフキノトウ(蕗の薹)という。山野に生える山菜としてよく知られ、地下茎から多くの葉柄を立てて、一部が切れた円い大型の葉をつける。


  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “フキ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ a b 大嶋敏昭監修 2002, p. 362.
  3. ^ a b c d e f 主婦と生活社編 2007, p. 60.
  4. ^ a b c d e 稲垣栄洋 2018, p. 109.
  5. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 138.
  6. ^ a b c d e f g 稲垣栄洋 2018, p. 108.
  7. ^ a b c d e f g h i j k 講談社編 2013, p. 41.
  8. ^ a b c d e f 貝津好孝 1995, p. 111.
  9. ^ a b 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 20.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 100.
  11. ^ a b c d 田中孝治 1995, p. 208.
  12. ^ 主婦と生活社編 2007, p. 80.
  13. ^ 田中修 2007, p. 26.
  14. ^ a b c 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018, p. 42.
  15. ^ シンジェンタ ジャパン 雑草の話 第9話 フキ属(Petasites)について
  16. ^ 記事名不明[リンク切れ]毎日新聞』2011年6月28日地方版
  17. ^ a b c d 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 48.
  18. ^ ふき・愛知早生・野菜図鑑独立行政法人農畜産業振興機構
  19. ^ まちの自慢”. 東海市. 2014年3月1日閲覧。
  20. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  21. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF) 」』
  22. ^ 薬物性肝障害の症状と原因」または「肝臓の病気」参照。
  23. ^ KEGG COMPOUND:C10359:ペタシテニン
  24. ^ GIANT BUTTERBUR Petasites japonicus
  25. ^ a b c d 小池すみこ 1998, p. 142.
  26. ^ 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2011, p. 48.
  27. ^ a b 小池すみこ 1998, p. 143.
  28. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995, p. 209.
  29. ^ 小池すみこ 1998, p. 145.
  30. ^ 蕗からつくられる手漉き和紙「富貴紙-ふきがみ-」釧路市(2020年5月24日閲覧)



出典:『Wiktionary』 (2016/08/05 03:43 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



蕗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蕗」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

蕗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蕗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS