女帝 Super Queenとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 女帝 Super Queenの意味・解説 

女帝 SUPER QUEEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/27 08:30 UTC 版)

女帝 SUPER QUEEN』(じょてい スーパークイーン)は、倉科遼原作、和気一作作画による漫画である。芳文社発行の漫画雑誌週刊漫画TIMES」に連載された。単行本は全24巻。後に刊行された愛蔵版や廉価版では、副題をつけずにタイトルを『女帝』としている。


  1. ^ eBookJapanにある紹介ページでの、読者に向けた倉科のコメントより。[1]
  2. ^ コミック小学館ブックス 女帝 由奈
  3. ^ 彩香が高校に退学届を出した際に、教師たちが「立花は東大や京大受験も可能なレベル」と語り、退学を惜しむ場面がある。と
  4. ^ 血縁上は政治家の尾上の孫という事もあり、私立の名門女子校に通っていた。また母の彩香は娘の明日香には普通の就職・結婚をして欲しいと願い、水商売の世界に入る事は反対していた。いた。
  5. ^ 倉科遼公式サイト INFORMATION
  6. ^ ステージナタリー編集部 (2018年5月23日). “マンガ「女帝」シライケイタ脚本・演出で舞台化、水商売の世界描く”. ステージナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/stage/news/283275 2023年8月1日閲覧。 
  7. ^ “月船さらら、原作者に直訴で『女帝』初舞台化 ヒロイン抜てきに覚悟「私にしかできない彩香を」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年5月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2112448/full/ 2023年8月1日閲覧。 


「女帝 SUPER QUEEN」の続きの解説一覧

「女帝 SUPER QUEEN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女帝 Super Queen」の関連用語

女帝 Super Queenのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女帝 Super Queenのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女帝 SUPER QUEEN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS