ブラインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > ブライン > ブラインの意味・解説 

ブライン Brine

  無機塩類溶液をもちいた仕上流体をいう。この利点は、固形分含まないので沈殿によるパッカートラブルがない、比重調整比較行ないやすい、生産性障害を引き起こしづらいことなどが挙げられる。注意点として、温度により流体比重変化する、腐食防止のため、適正なpH調整する・防食剤使用することが挙げられる。
ブライン
分野 坑井仕上
同義語  
関連用語 仕上流体
類似語  
略語  
ブライン

ブライン brine

冷凍作用を被冷却体に伝え仲介をする不凍液体。冷凍機によって冷却されて冷却力を 運ぶ役目をする。塩化カルシュウムや塩化ナトリュウムなどの水溶液をいう。

ブライン brine

熱源機蒸発器と被冷却物との間で伝熱媒体として利用される媒体。 #グリコール水溶液をみよ! #不凍液をみよ!

ブラインbrine

海水が凍るとき真水からなる氷晶ができて、まわりの海水塩分高められる。氷晶浮上して海面に氷板ができたあと、その底面から下方にくさび状の結晶延びていくが、濃縮された塩水鉛直延び細管状のセル取り込められる。この濃縮塩水をブラインと呼ぶ。このため海氷にはかなりの塩分を含む。ブラインは次第下方移動していき、やがて海氷下面から排出される。そのため古い海氷ほど塩分量が少なくなる。排出されたブラインは密度が高く、深層水生成機構において重要な働きをする。

ブライン(brine)

海氷成長時に海氷中に閉じ込められた高濃度塩水。ブラインは温度塩分濃度との平衡関係を保つので,海氷温度変化すると氷の析出融解が起こる。ブラインは次第海氷から抜け落ちるために,古くなるほど海氷が含む塩分少なくなる。

ブライン

名前 BlainBryn

塩水

(ブライン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/11 13:20 UTC 版)

塩水(しおみず、えんすい)またはブライン英語:brine)は、塩化ナトリウム飽和水溶液または飽和状態に近い水溶液のことである。野菜などの保存やフェタチーズの熟成に使われる。食品の保存に関しては他に、砂糖ビネガーも使われる。




「塩水」の続きの解説一覧





ブラインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ブラインに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブライン」の関連用語

ブラインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iPhone 4

WS003SH

チェーンブロック

VRSCDX

玉つき2本針

2300系

おかぐら

1000形車両





ブラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2017, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2017 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日本雪氷学会日本雪氷学会
この記事は、気象庁「海洋観測指針」(1999)のデータを基に、(社)日本雪氷学会が気象庁の許諾を得て電子化した「海氷分類の用語集」を転載しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS