ザザとは?

ザザ

名前 Zaza

ザザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 06:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ザザ(Zaza)とは、ショートドリンクに分類されるカクテル。ザラ(Zara)とも書かれる[1]。なお、ザザには、デュボネ・カクテル と言う、大変よく似たカクテルが存在することでも知られる。1904年から1907年の間に、パリのルグランホテルのフランク.P.ニューマンによって考案された[2]

標準的なレシピ

ミキシング・グラスで、ドライ・ジン、デュボネ、アンゴスチュラ・ビターズをステアして、カクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注げば完成。シェークして作る場合もある。第一次世界大戦前は、デュボネではなくスイート・ベルモットを使用していた[2]


脚注

  1. ^ サレ『ラルースカクテル事典』、p65
  2. ^ a b カステロン『ラルース新カクテル事典』、p96

参考文献

  • フェルナンド・カステロン『ラルース新カクテル事典』(花崎一夫監訳, ランダムハウス講談社, 2006年11月)
  • ジャック・サレ『ラルースカクテル事典』(今井清監訳, 同朋舎出版, 1986年11月)

関連項目



ザ・ザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/18 07:34 UTC 版)

ザ・ザ
基本情報
出身地 イングランド
ジャンル ニュー・ウェイヴ
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1979年 - 現在
レーベル 4AD
Some Bizzare
Interscope
メンバー
マット・ジョンソン
旧メンバー
ジョニー・マー
Keith Laws
ジェームズ・エラー
D.C.コラード
デイヴィッド・パーマー
エリック・シェーマーホーン
アール・ハーヴィン
ジム・フィティング

{{{Influences}}}

ザ・ザThe The)は、イギリスのバンド。ヴォーカルを務める中心人物マット・ジョンソン以外に定着しているメンバーはなく、マットのソロ・プロジェクトともとらえられる。

1978年のデビュー時は、批評家からの支持が高く、熱狂的なファンを獲得した。1983年発表のアルバムSoul Miningは、イギリスの音楽誌メロディー・メイカーにおいて、年間ベスト・アルバムの第3位に選ばれている。1989年発表のサードアルバムMind Bombは初めてバンド形態をとり、イギリス国内はのみならず国際的にもミリオン・セールスを記録した。極めて政治的な歌詞で物議をかもしたことが多々ある。1986年発表のシングルHeartlandでは、『ここ(英国)はアメリカ合衆国の51番目の州じゃないか』と歌い、放送禁止措置を受けている。1989年のアルバムMind Bomb収録の曲Armageddon Days Are Here (Again)では、宗教対立が招いた戦争と世界の終焉をテーマにしている。

1992年発表のDuskまでは、マットの実兄であるアンディー・ドッグ・ジョンソンがジャケットやスリーヴのアートワークを担当していた。アンディーの描く暗く自虐的な絵は時には議論を呼び、シングルInfectedのジャケットが問題となっていったん回収され、限定カヴァー・イラストに差し替えられて再リリースされたことがある。2008年のリイシューではそれらのアートワークはマットのセピア調のポートレートに差し替えられているものもある。 1990年には 唯一となる日本公演を行っている。

メンバー

現在のメンバー

  • マット・ジョンソン - ヴォーカル、ベース、ハーモニカ
  • エリック・シェーマーホーン - ギター
  • アール・ハーヴィン - ドラムス

過去に在籍したメンバー

1983年から1988年までは、マット・ジョンソンだけが唯一のザ・ザの公式メンバーだった。

  • ジョニー・マー - ギター、ハーモニカ(1988年–1994年在籍)
  • キース・ルイス - キーボード (1979年-1982年在籍)
  • ジェームズ・エラー - ベース (1988年–1994年)
  • D.C.コラード - キーボード (1991年–1997年)
  • デイヴィッド・パーマー - ドラムス (1988年–1994年)

コラボレーション

公式メンバーとしてではないが、曲ごとに多くのミュージシャンがゲスト参加している。

  • ジュールス・ホランド - ピアノ (1982年)
  • スティーヴ・ホガース - ピアノ、キーボード (1986年)
  • トーマス・リア - キーボード (1979年–1983年)
  • シネイド・オコナー - ヴォーカル (1988年–1989年)、キングダム・オブ・レインマインド・ボム収録)
  • ネナ・チェリー - ヴォーカル (1985年–1986年)、スロウ・トレイン・トゥー・ドーンインフェクテッド収録)
  • アンナ・ドミノ - ヴォーカル (1985年–1986年)

ディスコグラフィー

日本でリリースされた作品は、リリース時の邦題。カッコ内は原題を示す。

  • ザ・ザ(Burning Blue Soul) (1981年) (最初はマット・ジョンソン名義、のちザ・ザ名義で再リリース)
  • ソウル・マイニング(Soul Mining) (1983年)
  • インフェクテッドInfected) (1986年)
  • マインド・ボム(Mind Bomb) (1989年)
  • ダスク (Dusk) (1992年)
  • ソリテュード (Solitude) (1993年)
  • ハンキー・パンキー (Hanky Panky) (1995年)
  • ネイキッド・セルフ (NakedSelf) (2000年)
  • 45 RPM: The Singles of The The (2002年)
  • London Town Box Set (2002年)

シングル

邦題は、日本リリース時のもの。

タイトル チャート最高位 アルバム
UK シングルチャート USA モダンロック・チャート
1980 Controversial Subject - - -
1981 Cold Spell Ahead - - -
1982 Uncertain Smile # 68 - Soul Mining
1983 Perfect - - Soul Mining
1983 This Is the Day # 71 - Soul Mining
1986 ハートランド # 29 - インフェクテッド
1986 インフェクテッド # 48 - インフェクテッド
1987 スロウ・トレイン・トゥー・ドーン # 64 - インフェクテッド
1987 スウィート・バード・オブ・トゥルース # 55 - インフェクテッド
1989 ザ・ビートゥン・ジェネレーション # 18 # 13 マインド・ボム
1989 グラヴィテイト・トゥー・ミー # 63 # 15 マインド・ボム
1989 アルマゲドン・デイズ # 70 - マインド・ボム
1989 キングダム・オブ・レイン - # 16 マインド・ボム
1990 Jealous of Youth - # 7 ソリテュード
1991 Shades Of Blue EP # 54 - -
1993 欲望の犬ども # 25 - ダスク
1993 前夜のスロー再生 # 35 - ダスク
1993 愛は死より強し(Love Is Stronger Than Death) # 39 - ダスク
1994 Dis-Infected EP # 17 - -
1995 I Saw the Light # 31 - ハンキー・パンキー
1999 Shrunken Man - - ネイキッド・セルフ
2007 Mrs Mac - - TBA

外部リンク




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ザザ」の関連用語

ザザのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ザザのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザザ (改訂履歴)、ザ・ザ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS