イヨシロアブとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > アブ > イヨシロアブの意味・解説 

イヨシロアブ

アブ類 Tabanidae

イヨシロアブ

この害虫属する群
主な種類
アカウシアブ Tabanus trigonus Coquillett
シロフアブ Tabanus trigeminus Coquillett
イヨシロアブ Hirosia iyoensis (Shiraki)
キンイロアブ Tabanus sapporoensis Shiraki ほか
形態
 ハエより触角太く短く尖り、鋭い刃物のような口器を持つ。アカウシアブ体長20~30mmで日本最大アブ腹部黒色黄色の帯模様がある。
 シロフアブ体長14~19mm、黒色の地に灰白色斑紋がある。
 イヨシロアブは体長9~12mm、胸部暗灰色で、腹部黒色白色の横帯がある。
 キンイロアブ体長9~12mm、全体黄金色で、眼は緑色である。
分布
 各種アブ類が全国分布する。アカウシアブシロフアブ北海道九州対馬分布する。イヨシロアブ、キンイロアブ北海道本州四国九州分布する。
被害
 山間部キャンプハイキング釣りをしている人に飛来吸血する。場所によっては、時に大群襲撃されることもある。排気ガス誘引されて飛来し、車の窓から侵入して、車中で刺される例も多い。咬まれたアブに咬まれると一時的激痛があり、次いでかゆみが続きそのあと大きく腫れる。通常2日ほどで全治することが多い。シロフアブなどのアブ幼虫は、湿地などに素足で入ると刺咬被害与える。
生態
 日本にはアブ科属す昆虫100種ほど知られているが、その中で人を吸血するのは10数種である。鋭い刃物のような口器持ち、その口で人間の皮膚を傷つけて血液をなめる。吸血するのは雌の成虫のみである。
 小川水田、沼、湿地などから発生するほか、種類によっては草地土壌からも発生する。卵は発生源近く植物の葉裏などに塊状産み付けられ、約1週間孵化する。幼虫一見ハエウジに似ており、土壌に潜って微小昆虫など小さな小動物を食べて生活する。幼虫期間は、短い種で約1年長い種では3年ほどである。成虫は年に1回発生する。
 アカウシアブ6月中旬9月上旬発生し、7月中旬8月上旬ピークで、日中吸血活動する(早川1994)。シロフアブ6月中旬9月中旬発生する。田植え作業中に幼虫による刺咬被害与える(早川1994)。イヨシロアブは7月上旬9月下旬発生し、8月上旬中旬ピークで、早朝夕方激しく吸血する。キンイロアブもイヨシロアブと同時期に発生するが、日中吸血する。



イヨシロアブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イヨシロアブ」の関連用語

1
14% |||||

イヨシロアブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イヨシロアブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2019 IKARI CORPORATION All rights reserved.

©2019 Weblio RSS