《考える》の敬語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 《考える》の敬語の意味・解説 

《考える》の敬語

「考える」の敬語表現

考える」は、物事について判断することや、あれこれ思いめぐらすこと、工夫することなどを意味する言葉です。日常生活だけでなく、ビジネスシーンでもよく使われるため、敬語表現はしっかり把握しておきましょう丁寧語にする時は、語尾に「ます」を加え、「考えます」といった表現にします。最もよく使われる表現ですが、目上の人と話す場合や、その時状況によって不向きな場合あるためそのような時に謙譲語尊敬語を選ぶようにしましょう謙譲語の場合は、「拝察する」「愚考する」などの表現使います一方尊敬語には、「お考えになる」や「ご高察くださる」などの言葉挙げられます。

また、相手に「考えてほしい」という自分の気持ち伝えたい時に、「考えてください」とお願いすることがありますが、丁寧語では、相手によっては失礼だ受け取られてしまう心配もあります目上の人や、お客さまなどに対して使う場合は、気を付けるようにしましょうこのような場合は、「ご検討ください」や「ご高察ください」などの言葉を使う方が望ましいです

「考える」の敬語の最上級の表現

考える」を最上級敬語表現にする場合は、「ご高察いただければと存じます」や「ご高察ください」などの表現使います。「高察」は、すぐれた推察のことを指し相手の事を敬って使う褒め言葉です。相手が「考える」時に使い自分が「考える」時には使いません。また、似た言葉としては、「推察」の尊敬語である「賢察」もあります。「賢察」は、こちらの事情相手察してほしい時に使うことが多いです。なお、「ご高察」や「ご賢察」は、「高察」「賢察自体敬語のため、しばしば誤用表現指摘されることがあります。しかし、これらの言葉慣用的使われており、例外とされているため、使用して問題ありません

一方自分が「考える」場合には、「考える」の謙譲語である「愚考する」という言葉使います。「愚考する」は、メール手紙など、書き言葉として用いられることが多い言葉で、「○○の件につきましては、ご要望に添えるよう愚考いたします」などのように使います

「考える」の敬語のビジネスメール・手紙での例文

考える」の敬語を、ビジネスメールや手紙使った例文以下の通りです

〇〇株式会社○○部○○

いつもお世話になっております。
この度弊社では新商品発表する運びとなりました
こちらは、御社によくご利用いただいている△△という商品性能を、さらに向上させたものです
サイズ変更などにも柔軟に対応可能な商品ですのでご高察いただければと存じます
お忙しいところ恐れ入りますが何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社○○○○部○○

○○株式会社○○部○○

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
この度は○○の件についてご検討いただき誠にありがとうございます。
○○様のご希望添えるよう、精一杯努めさせていただきます
早速ですが詳細資料送付させていただます。
お忙しいところ大変恐れ入りますがご査収のほど何卒よろしくお願いいたします

○○株式会社○○部○○

「考える」を上司に伝える際の敬語表現

普段から親しくしている上司の場合は、「考えます」という丁寧語表現使って問題ありませんが、目上の人や、厳しい人上司の場合には、注意が必要です。そのような場合使える敬語表現としては、「拝察いたします」や「検討させていただきます」などが挙げられるでしょう。これらは、自分考え時に使う言葉です。上司から「~について、ちょっと考えてほしい」などと要求され返事する時に使いましょう

そして、上司何らかの判断検討行いそのことについて触れたい場合には、「ご高察いただき」や「ご検討いただき」といった言葉使います例えば、「ご高察いただきありがとうございました」などのように伝えましょう。なお、「拝察」や「高察」は、口語というより、メール手紙などで使われることの多い書き言葉です。使用するシーンに合わせて最適な言葉を選ぶようにしましょうまた、上司考え知りたい場合には、「お考えお聞かせください」といった表現使って良いでしょう

「考える」の敬語での誤用表現・注意事項

相手に、「どうお考えになられますか」と聞くのは、誤用表現になるため注意が必要です。この場合は、「お考えになる」と「~られる」を組み合わせた二重表現になってしまうためです。「どうお考えでしょうか」や「どうお考えですか」などの表現を使うようにしましょう丁寧な表現しようと思う気持ちばかり募って結果的に誤用表現となってしまうケースあるため注意が必要です。

「考える」の敬語での言い換え表現

考える」の敬語表現には、以下のようなものが挙げられます。

考えます
考えております
検討します
拝察します
拝察いたします
拝察申し上げます
愚考します
愚考いたします
お考えになる
お考えください
お考えでしょうか
お考えですか
考えていらっしゃ
ご高察くださる
ご高察賜り
ご高察なさる
ご高察される
ご高察になる
ご検討ください
ご一考ください
ご一考いただけますか

《考える》の敬語

考えるの敬語表現

考える」を敬語表現すると、「お考えになる」もしくはご高察なさる」です。動詞考える」に、尊敬語である「お〜になる」を付け足すことで相手敬意を示す尊敬表現になります。主に話し言葉会話使われる敬語表現であり、上司恩師など目上の人考え様子を「お考えになる」といったように敬意をこめて表現することが可能です。「ご高察なさる」は、「お考えになる」よりもさらに敬意をこめた表現となります優れた推察を行うという意味を持つ「高察」に、尊敬語である「お〜なさる・ご〜なさる」を付け足すことで丁寧さ増します。「お考えになる」とは異なりメール書類などの書き言葉用いられることが多いです。また丁寧な敬語表現として、「考えていらっしゃる」も使うことができます動詞に繋ぐことで動作継続を示す「〜ている」を、尊敬表現である「〜ていらっしゃる」へと変化させた表現方法です。こちらも「お考えになる」と同様に、会話中に用いられることが多いです

考えるの敬語での誤用表現・注意事項

考える」の敬語表現お考えになる」を使う際に注意したいのが、二重敬語です。丁寧さを増すために、尊敬語の「〜られる」をさらに付け足してお考えなられる」と表現する二重敬語となり、誤った敬語となってしまいます。なお語尾丁寧語である「ます・です」を付け足すのは、二重敬語とならないため使用して問題ありません。たとえば「どのようにお考えになりますか?」、「お考えですか?」といったように尊敬語丁寧語組み合わせると良いです。

考えるの敬語での言い換え表現

お考えになる・ご高察なさる」の言い換え表現として挙げられるのが、目上相手への敬意を高めた尊敬表現ご高察くださる」です。同じ尊敬語属している「お〜くださる・ご〜くださる」は、「お〜なる」や「お〜なさる」よりも相手への敬意高まります。「ご高察なさる」と同様に、メール書面など書き言葉用いられることが多いです丁寧語助動詞「ます」を追加して、「ご高察くださいますようお願いします」といったように用いられます。また「ます」の未然形である「ませ」を付け足してご高察くださいませ」や、「ご検討くださいませ」と表現することもあります。考えるという行為対象自分である場合は、「拝察いたしますもしくは愚考いたします」が使われることが多いです。「拝察」は推察すること、「愚考」は考えること意味する言葉であり、両者とも自身へりくだって相手を敬う表現です。加えて「する」の謙譲表現である「いたす」を付け足すことで、自分下げて相手への敬意を示します


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「《考える》の敬語」の関連用語

《考える》の敬語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《考える》の敬語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS