《発疹》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《発疹》の正しい読み方の意味・解説 

《発疹》の正しい読み方

「発疹」の正しい読み方

発疹」は「ほっしんもしくははっしん」と読む。どちらも正し読み方である。どちらかといえばほっしんの方がより一般的な読み方といえたが、昨今でははっしんの方主な読み方という見解多勢占めつつある。

「発疹」の意味解説

発疹」とは、なんらかの原因によって、皮膚の色や状態が異常な態である皮膚症状のことを指す。主たる症状としては、皮膚の赤みできものかさぶたなどが見られ、かゆみや痛みを伴う場合もある。

発疹起こ原因として、刺激アレルギー感染症病気などが挙げられる植物や金属など、外的な刺激によって、発疹が出ることもあれば、自身の汗や、バリア機能異常などが刺激となってしまい、発疹出てしまうこともある。乾燥具合によっても発疹現れることがあり、肌の水分バランス崩れると、赤みやかゆみ、にきびなどが出ることもある。食物アレルギー医薬品副作用などでも発疹が出ることが多く原因のひとつである。感染症中にも発疹出やすい病気があり、代表的なものとして水痘麻疹などが挙げられ幼児に多い突発性発疹伝染性紅斑なども、発疹起き感染症である。全身性の病気原因となり、発疹現れることも少なくない

発疹治療は、原因症状の程度によって異なる。アレルギーアトピー乾燥など、原因特定されている発疹であれば保湿抗アレルギー剤抗ヒスタミン剤使用され症状によってはステロイド剤使用されることもある。感染症病気など、皮膚の問題ではなく全身治療必要な場合は、病気の治療並行して発疹治療が行われることが多い。

発疹症状は、時間の経過とともに変化していくことが多く一日の中で赤みやかゆみの状態が変動すること少なくない局所的に発疹現れるものから広範囲に現れるものまで、原因原因物質暴露量、患者の状態などにより、程度異なり積極的に治療行わなくてもよい発疹もあるが、原因症状の程度によっては適切な診断と治療必要になる発疹もある。原因心当たりがないときや、長期間発疹見られる場合には、注意が必要である。"

なぜ「発疹」と読むのか・理由

「発」の字音読みは、普通「はつ」と読むが、これは《漢音》である。《呉音》では「ほつ」と読む。

発疹ほっしん)」「発作(ほっさ)」「発足ほっそく)」などは、呉音読み方を踏まえていると解釈できる。なお「ほつしん → ほっしんのような変化促音便という。

呉音は、たとえば「蓮華(れんげ)」の「げ」、「憤怒(ふんぬ)」の「ぬ」などのように、特に仏教用語多く用いられているという特徴がある。「発疹」は仏教関連する用語というわけではなく、その意味で「《ほっしん》は呉音である」という解釈にも異論余地が残る。

「発疹」の類語・用例・例文

発疹」の類語として、かぶれや湿疹吹き出物などが挙げられる発疹用いた例えとして、「金属アレルギー原因で発疹出てしまった」や「発疹治療には様々な種類医薬品用いられるなどのような文章ができる。

「発疹」の英語用例・例文

発疹」は英語で「rash」や「eruption」などと表現する。「rash」を用いた例えとして、「Pharmaceuticals may be used to treat rashes.(発疹治療には医薬品使われることがある)」のような文章ができる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《発疹》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《発疹》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS