血栓性静脈炎 血栓性静脈炎の概要

血栓性静脈炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/28 17:48 UTC 版)

深部の静脈に血栓ができる病気は、静脈血栓塞栓症と呼ばれ、該当項目を参照のこと。

目次

症状

  • 静脈の上の圧痛
  • 患部に痛みを感じる
  • 皮膚の発赤、黒ずみ、炎症など

治療法

  • 感染症など原因がある場合は、原疾患の治療も並行して行う。
  • 抗凝固剤や血栓溶解剤を投与して血液凝塊が出来るのを防ぐ。
  • 痛みがある場合には対症療法として炎症鎮痛剤などを投与する。
  • 症状が酷い場合のみ外科的手術による血液凝塊の除去、静脈の抜去、バイパス形成を行う。

鑑別診断

なお、血栓ができやすい病気に抗リン脂質抗体症候群ベーチェット病などが隠れている場合があるため注意が必要である。

関連項目






「血栓性静脈炎」の続きの解説一覧





血栓性静脈炎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「血栓性静脈炎」の関連用語

血栓性静脈炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




血栓性静脈炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血栓性静脈炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS