常呂川とは?

常呂川

太陽緑の大地やすらぎ空間
常呂川は、大雪山系十勝石狩北見分水嶺となる三国山にその源を発し、置戸町市街より上流では山間渓流自然河川置戸町市街より下流から北見市端野町までは瀬と淵が交互にみられながら東北東に向け流下し、これより下流は北よりに流路を向けゆるやかな流れ大きな蛇行繰り返し常呂町オホーツク海に注ぐ、流域面積1,930km2流路延長120kmの1級河川です。

北見市を流れる常呂川
北見市流れる常呂川

河川概要
水系常呂川水系
河川常呂川
幹川流路延長120km
流域面積1,930km2
流域内人142,000
流域関係都県北海道

常呂川流域図
○拡大図
1.常呂川の歴史
"流域内の本格的開拓明治30年屯田兵入植地域基礎が作られたことに始まります。常呂川河道利用して常呂川河口より汽船による輸送低廉であることから奥地開拓のための交通路としての活用考えられ、明治30年浚渫が行われたのが最初の常呂川改修の礎となりました。"


常呂川河口部
常呂川河口
常呂川は北海道屋根と称せられる大雪山系一つ三国山に源を発し、流路東北東に向け、無加川をはじめ多く支川合流しながら、やがてオホーツク海へと注ぐ道東屈指の大河川です。
この流域には遠く先史時代から先住民移り住み、狩猟生活を行い、独自の一大文化圏オホーツク文化)を築いていました。その頃常呂平野はまだ人の住めるような状態ではなく川の流れに乗って運ばれてくる土砂によって徐々に埋め立てられ、およそ紀元前1000年頃に、部分的低湿地を残す程度になったと考えられています。


常呂遺跡出土 土器(擦文文化))
常呂遺跡出土
土器擦文文化
昭和初期の護岸工事(常呂川河口)
昭和初期護岸工事
(常呂川河口
オホーツク人オホーツク文化)や縄文人擦文文化)は、このような地にあって、海や湾などを舞台に生活の糧を得ていたことが分かっており、常呂川河口近くにある海岸砂丘上の遺跡常呂遺跡)からは、動物の骨、貝塚土器、墓などのほか、国の史跡にも指定されている国内最大規模の大集落住居跡などが発掘され、2500個の竪穴住居の跡が今でも凹みとなって残っており、当時の生活の跡を今に伝えています。有史入り和人移り住むようになったのは江戸時代後期の頃で、その目的豊かな水産資源背景とする漁業経営でした。
その後本格的拓殖第一歩明治28年土佐移民北光社入植始まります。彼らは、道内他地域の屯田兵制による拓殖などとは異なり理想新天地求めこの地域へと移住してきました。その後岐阜や大分などからの入植続き逐次開発進展していきましたが、その開拓の道のりは決して平坦なものではなく恵まれた自然は一方で開拓者容赦なく猛威をふるうことになります。
明治31年常呂川で発生した大水害を常呂村史は次のように記しています。
濁流滔々と渦き、原野一帯泥海と化し、入植者屋根或は大木頼り救助求む、この惨状言語に絶したり」
この水害契機となり、大正10年より、以来80有余年を経た今日まで営々として、治水工事が進められてきています。
2.地域の中の常呂川
"常呂川流域北見市常呂町端野町訓子府町置戸町留辺蘂町の1市5町からなる主要産業農業ハッカタマネギ生産が有名です。主な祭り訓子府町7月河川敷で「ふるさとまつり」が開かれ、「常呂川いかだ下り大会が行われています。河川敷地下流河川敷農耕地採草地上流市街周辺公園緑地パークゴルフ場が整備されています。"


たまねぎの収穫風景
たまねぎ収穫風景
常呂川流域北見市常呂町端野町訓子府町置戸町留辺蘂町の1市5町からなり流域内人口は141,000人となっています。
流域主たる産業である農業は、常呂川の豊富な水の恵みを受け、ハッカに代表される寒地作物栽培などで独特の位置占めていました。現在ではタマネギ生産日本一を誇っているほか、てんさい馬鈴薯小麦などの栽培も盛んです。水稲北見盆地中心に夏季高温利用して栽培されており、オホーツク海沿岸地域では最大稲作地帯となっています。


訓子府ふるさとまつり(遠景)
訓子府ふるさとまつり(遠景
訓子府ふるさとまつり(いかだくだり大会)
訓子府ふるさとまつり
(いかだくだり大会
主な祭りイベントとして、7月中旬には北見市で「北見ぼんちまつり」があり、常呂川河川敷花火大会が行われるほか、訓子府町では「訓子府ふるさとまつり」が開かれ、いかだ下り大会などが行われます。下旬になると北見市河川敷にある香りゃんせ公園で「香りゃんせフェスティバルが行われ、河川敷内でソーラーカー走らせる「ソーラーチャレンジイン北海道」が開催されます。さらに置戸町では常呂川上流位置る鹿ノ子ダムダム湖おけと湖)において、「おけと湖まつり」があり、また、9月下旬には端野町収穫された米、野菜など大地恵みを使ってのユニークな「たんのカレーライスマラソン」が行われるなど、常呂川のもたらす様々な自然の恵みを、流域市町村と関係機関が一体となって地域活性へと活用しています。


常呂川河川敷内 香りゃんせ公園
常呂川河川敷内 香りゃんせ公園
河川敷地主な利用として、端野町より下流では農耕地採草地として利用されるほか、これより上流北見市訓子府町市街周辺では公園緑地運動公園パークゴルフ場などが整備され、地域住民憩いの場となっています。
3.常呂川の自然環境
"植生は、上流針葉樹林に囲まれ、哺乳類は貴重種のエゾクロテン鳥類オジロワシオオワシ魚類上流部でオショロコマ昆虫類ヒメウスバシロチョウ両生類エゾサンショウウオ確認されています。地形山地丘陵地台地低地の4種に分類されます。地質流紋岩新第三系中生層がみられます。水質上流では概ね良好です。下流では工場排水都市排水影響がみられます。"


常呂川流域植生は、上流部から源流部にかけてエゾマツトドマツなどの針葉樹林に囲まれ、上流部の高水敷オオイタドリ等の雑草地となっています。中下流部では多く区間で広い高水敷を有し、オオヨモギ等の雑草地、採草地となっています。しかし、一般に河川敷内の耕地化が進んでいるため、発達した河畔林を見ることは少なく頻繁に行われる伐採等の人為的影響や、洪水等の水の営力による破壊影響などに強い耐性を持つヤナギ低木林きわめてよく見られる植生となっています。

エゾシカ
エゾシカ
常呂川流域昆虫類のうちで貴重なものとして、環境庁(現環境省)が選定した「指標昆虫類」10種のうちのひとつで、北見能取湖畔などに生息するとされているヒメギフチョウのほか、チャマダラセセリカラフトタカネキマダラセセリヒメウスバシロチョウエゾリンゴシジミジョウザンシジミなどの貴重種が確認されています。

ヒメギフチョウ
ヒメギフチョウ
(※写真協力:「北海道永盛俊行 著)


流域水質北見市より上流では概ね良好であるが、北見市より下流では畜産排水工場排水都市排水などの影響により、BOD値(生物酸素要求量)でみると昭和4849年以降減少傾向示しいたものが、昭和58年以降はやや悪化傾向となり、近年全国的にも”水質の悪い川”という評価を受けることとなり、現在、流域市町村、関係機関地元農家畜産家、漁業者などが互いに協力合い水質改善に向けた各種取り組み模索しています。
4.常呂川の主な災害


発生発生原因被災市町村被害状況
大正11年8月 台風 北見市留辺蘂町
常呂町端野町
訓子府町置戸町
建物浸水4,400
流出227
死者11
平成10年9月台風5号 常呂町訓子府町
置戸町留辺蘂町
床上浸水2戸
床下浸水6戸


(注:この情報2008年2月現在のものです)

常呂川

読み方:トコロガワ(tokorogawa)

所在 北海道

水系 常呂川水系

等級 1級


常呂川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/07 07:10 UTC 版)

常呂川(ところがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内を流れオホーツク海へ注ぐ一級河川。常呂川水系の本流である。オホーツク海側では最大の河川であり、サケも遡上する。






「常呂川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「常呂川」の関連用語

常呂川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

物部川

長良川

天竜川

千曲川

円山川

長良川

四万十川

菊川





常呂川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常呂川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS