ワインの製造工程とは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > ワインの製造工程の意味・解説 

ワインの製造工程(瓶熱)

瓶詰されたワインが、密栓されて空気との接触をほぼ完全に断った状態で熟成が進むこと。瓶詰後も熟成するというのは、他の酒類ではほとんどみられないワイン大きな特徴です。
アルコールと酸が結びついた物質エステルと呼ばれ(果物などの香味成分)、これが瓶熟中に増加して香り高いワインになるのです。特に赤ワイン場合には、白ワインよりもさまざまな物質を含んでいるだけに、一層熟成効果が目立ちます。赤ワインで、特に色素タンニン多量に含んでいる時には瓶中長い間貯蔵するうちに余分タンニンなどが不溶性変わり沈澱してワイン風味まろやかさを加えてくれます。
ウイスキー等の蒸溜酒では、この瓶熟を期待することはできません。

ワインの製造工程

ワイン醸造所、つくり手によって微妙につくり方が異なりますが、基本的スティル・ワイン製造工程次の通りです。


ワインの製造工程(熟成)

発酵の終わった若いワインを、またはタンクにつめて熟成させますこの間香り高い熟成香が生まれ味わいにも深みが出ます。また貯蔵中に余分な味がつかないよう、ときどき下に沈んだオリを除きます。(オリ引きといいます)。
熟成方法や期間は、ワイン種類性格によって違います。

ワインの製造工程(破砕)

収穫した葡萄は、破砕機にかけてつぶして、かこう果梗(房から粒を除いた残り)をとり除きます。

ワインの製造工程(発酵)

赤ワインはつぶしてできた果汁果皮種子いっしょ発酵へ入れます。
白ワインは、つぶした実を、さらに圧搾機絞り果汁だけを発酵へ入れます。
ロゼワインは、赤ワインと同じ手順発酵させ、ちょうど液体の色がバラ色になったとき、果皮種子をのぞいてさらに発酵を進めます。
葡萄果汁酵母働き発酵始め糖分分解され、アルコール炭酸ガスできます発酵期間はおよそ1020日間発酵温度白ワイン1015赤ワイン2030です。赤ワインは、発酵の後、果皮種子を除くために圧搾機にかけて圧搾液をとり出します

ワインの製造工程(圧搾)

ワインの製造工程のひとつで、収穫された葡萄から果汁絞り果皮取り除く作業通常白ワイン場合圧搾発酵前に行われ赤ワイン場合発酵の後に行われます。

ワインの製造工程(樽熟成)

ワイン熟成に重要な役割をはたします。特に、赤ワイン熟成には使用することが多くからの香りをはじめとし、この間香り高い熟成香が生まれ味わいにも深みがでます。ワインはフレンチオークが主流です。

ワインの製造工程(貯蔵)

発酵を終えた若いワインは、タンクに入れて熟成させます白ワインでは主にタンク赤ワインでは多く使用されます。しかし、あまり長い期間に入れておくと酸化進みすぎるので、1〜2年で瓶に移しかえ、空気との接触を絶ちます。 なお、貯蔵中にオリが下に沈むため、時折オリ引きと言って上部の澄んだ部分別の移しかえる作業行います。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ワインの製造工程」の関連用語

ワインの製造工程のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ワインカクテル

コーヒー飲料の製造工程

ワインカクテル

緑茶茶葉の製造工程

ワインの瓶型

炭酸飲料

容器識別マーク

炭酸飲料の製造工程





ワインの製造工程のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2017 Weblio RSS