ergotamineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > ergotamineの意味・解説 

エルゴタミン [0] 【ergotamine】

麦角から得られるアルカロイドの一。交感神経遮断作用があり,主として片頭痛治療に用いられる。

エルゴタミン

分子式C33H35N5O5
その他の名称:エルゴタミン、Ergotamine、12'-Hydroxy-2'-methyl-5'α-benzylergotaman-3',6',18-trione
体系名:12'-ヒドロキシ-2'-メチル-5'α-(フェニルメチル)エルゴタマン-3',6',18-トリオン、12'-ヒドロキシ-2'-メチル-5'α-ベンジルエルゴタマン-3',6',18-トリオン


エルゴタミン

薬物エルゴタミン
英名ergotamine
化合物名or商品名
分子式C33H35N5O5
分子データ
用途血管収縮子宮刺激薬(家畜分娩促進)
副作用
胎,授乳児への影響
備考ノルアドレナリン作用遮断
融点212214
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-180(ラット静注)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

エルゴタミン

(ergotamine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 08:21 UTC 版)

エルゴタミン(ergotamine)は、エルゴペプチンの一種であり、アルカロイドの麦角ファミリーに属する。構造的ならびに生物化学的にエルゴリンと近縁関係にある。いくつかの神経伝達物質と構造的類似性があり、血管収縮薬英語版としての生理活性を有する。


  1. ^ a b Sanders SW, Haering N, Mosberg H, Jaeger H (1983). “Pharmacokinetics of ergotamine in healthy volunteers following oral and rectal dosing”. Eur. J. Clin. Pharmacol. 30: 331–334. doi:10.1007/BF00541538. PMID 3732370. 
  2. ^ a b c d Tfelt-Hansen P, Johnson ES (1993). “Ergotamine”. In Olesen J, Tfelt-Hansen P, Welch KM, editors. The headaches. New York: Raven Press. pp. 313–322. 
  3. ^ Ibraheem JJ, Paalzow L, Tfelt-Hansen P (1983). “Low bioavailability of ergotamine tartrate after oral and rectal administration in migraine sufferers”. Br. J. Clin. Pharmacol. 16: 695–699. PMC 1428366. PMID 6419759. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1428366. 
  4. ^ AJ Giannini, AE Slaby. Drugs of Abuse. Oradell, NJ, Medical Economics Books, 1989.
  5. ^ 麻薬及び向精神薬取締法施行規則 昭和二十八年三月三十一日 政令第五十七号 第一条 三
  6. ^ Walkembach J, Brüss M, Urban BW, Barann M (October 2005). “Interactions of metoclopramide and ergotamine with human 5-HT3A receptors and human 5-HT reuptake carriers”. Br. J. Pharmacol. 146 (4): 543–52. doi:10.1038/sj.bjp.0706351. PMC 1751187. PMID 16041395. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1751187. 
  7. ^ Tfelt-Hansen P, Saxena PR, Dahlof C, Pascual J, Lainez M, Henry P, Diener H, Schoenen J, Ferrari MD, Goadsby PJ (2000). “Ergotamine in the acute treatment of migraine: a review and European consensus”. Brain 123: 9–18. doi:10.1093/brain/123.1.9. PMID 10611116. 
  8. ^ Akul Mehta (2011年12月30日). “Pharmacognosy of Ergot (Argot or St. Anthony’s Fire)”. PharmaXChange.info. 2012年7月4日閲覧。
  9. ^ Schardl CL, Panaccione DG, Tudzynski P (2006). “Ergot alkaloids--biology and molecular biology”. Alkaloids Chem. Biol.. The Alkaloids: Chemistry and Biology 63: 45–86. doi:10.1016/S1099-4831(06)63002-2. ISBN 978-0-12-469563-4. PMID 17133714. 
  10. ^ AJ Giannini. Biological Foundations of Clinical Psychiatry. Oradell, NJ. Medical Economics Puclishing Co., 1986.
  11. ^ a b クリアミン配合錠”. 2015年9月8日閲覧。
  12. ^ Medihaler Ergotamine”. 2016年5月20日閲覧。


「エルゴタミン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ergotamine」の関連用語

ergotamineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アクセル

郡市の区界

ハリヌキリブ

三又

麻挽箱

大口堰用水

WX321J

ルリビタキ





ergotamineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエルゴタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS