Le_Velvetsとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Le_Velvetsの意味・解説 

LE VELVETS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 03:08 UTC 版)

LE VELVETS[1](ル ヴェルヴェッツ)は、日本の男性ヴォーカルグループ。柔らかく、上品で滑らかな生地、「Velvet」(ヴェルヴェット)に由来。佐藤隆紀日野真一郎佐賀龍彦(テノール)3人、宮原浩暢(バリトン)1人の男性4人で構成されている。イープラスミュージック所属。


  1. ^ "Le Velvets" - Google 検索”. www.google.co.jp. 2020年12月21日閲覧。
  2. ^ アナウンサーの加藤綾子は大学の同期にあたる。加藤綾子アナ大学時代からモテモテ!佐藤隆紀明かす - 日刊スポーツ、2016年8月11日付記事
  3. ^ LE VELVETSの黒川拓哉、逮捕受け無期限活動停止”. 音楽ナタリー (2017年6月15日). 2017年6月16日閲覧。
  4. ^ 買春疑いで逮捕のイケメン歌手グループメンバー解雇 日刊スポーツ2017年6月23日
  5. ^ 『JET STREAM』、初のオンラインライブを開催” (日本語). BARKS. 2020年12月19日閲覧。
  6. ^ ル・ヴェルヴェッツで「心の浄化」を!祈り、癒やし、元気を届ける全国ツアー「涙されているお客さんも」(中日スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年12月24日閲覧。
  7. ^ LE VELVETS CONCERT TOUR 2020『PRAYLIST』が開幕! 音楽の力への信念と祈りに満ちた至福のハーモニー響く | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年12月9日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “今夜放送「映画音楽はすばらしい!」に石丸幹二、井上芳雄、小池徹平、昆夏美ら” (日本語). ステージナタリー. 2020年12月9日閲覧。
  9. ^ 宇宙への想像、未来への希望を感じる作品の数々 LE VELVETS・佐賀龍彦&アートテラー・とに~が『長岡秀星回顧展』を語る | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年12月9日閲覧。
  10. ^ 〇長岡秀星展、関東地区で29年ぶり、2020年12月代官山で開催~アースを始め多くのレコード・ジャケット等の原画を展示|Soul Searcher|note” (日本語). note(ノート). 2020年12月9日閲覧。
  11. ^ 生田絵梨花「今できることに魂を込める」 プレビュー公演を経たミュージカル『レ・ミゼラブル』囲み取材レポート(ぴあ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年5月29日閲覧。
  12. ^ マイケル・K・リー、ラミン・カリムルー、柿澤勇人、宮原浩暢ら出演で『ジーザス・クライスト=スーパースター in コンサート』の開催が決定 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2021年4月29日閲覧。
  13. ^ 世界のミュージカルがこの1枚に!LE VELVETSによる新アルバム『WORLD MUSICAL』ロングインタビュー | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年12月9日閲覧。


「LE VELVETS」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Le_Velvets」の関連用語

Le_Velvetsのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Le_Velvetsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLE VELVETS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS