長井道利とは?

長井道利(ながい みちとし) ????~1571

隼人佐
◇父:斎藤道三 養父長井直利? 子:井上忠右衛門尉道勝、半右衛門定次、小左衛門定利
 斎藤道三庶子か。義龍の謀反加担して父道三を死に追いやる以後斎藤氏の下尾張織田氏戦い斎藤氏滅亡後は将軍家足利氏仕えるが、摂津白川河原にて戦死

長井道利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/24 08:37 UTC 版)

長井 道利(ながい みちとし)は、戦国時代武将斎藤氏家臣。初め美濃竹ヶ鼻城[要出典]、のち美濃金山城主。通称は隼人佐。斎藤道三・義龍・龍興の斎藤家3代に仕えた重臣で、中濃北濃方面を担った。


  1. ^ a b c d e 『寛永諸家系図伝』の井上氏の項
  2. ^ a b 『寛政重修諸家譜』の井上氏の項
  3. ^ 『郡上市美並町乗性寺会向帳』
  4. ^ 横山住雄『斎藤道三』
  5. ^ a b c 関市教育委員会 「長井隼人佐と関,関城主長井隼人佐」『新修 関市史 通史編 自然・原始・古代・中世』 関市1996年、792-794, 839-840。
  6. ^ 『武家事紀』
  7. ^ 『美濃明細記』
  8. ^ 『美濃国雑事記』
  9. ^ 『岐阜軍記』
  10. ^ a b c d e 2015年 横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興』p.170-175、p.187-p.192、p.220-p.225
  11. ^ a b 『信長公記』首巻
  12. ^ a b c 2011年 横山住雄『武田信玄と快川和尚』p.28-p.36
  13. ^ (2011年 横山住雄『武田信玄と快川和尚』p.30)
  14. ^ a b c 太田成和 「遠藤盛数」『郡上八幡町史』上巻、岐阜県郡上郡八幡町長 武藤互郎、1960年、201-202頁。
  15. ^ 兼山町史編纂委員会 「関城主長居隼人佐郷戸八幡神社を再建す」『兼山町史』 岐阜県可児郡兼山町1972年、77-79頁。
  16. ^ 岐阜軍記


「長井道利」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長井道利」の関連用語

長井道利のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長井道利のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2020 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長井道利 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS