覚恕とは?

覚恕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 10:12 UTC 版)

覚恕(かくじょ)は、日本皇族戦国時代天台宗天台座主。父は後奈良天皇。母は壬生雅久の娘伊予局(三位局)。正親町天皇は異母兄に当たるとされているが、実際には異母弟であるとみられる[4][2]




  1. ^ 『曼殊院相承新譜』
  2. ^ a b 「第二章 信長の時代 戦国大名と宗教勢力との戦い 覚恕」『戦国僧侶列伝』143、日本史史料研究会、大塚紀弘、星海社〈星海社新書〉、東京都文京区、2018年11月27日、121-131頁。ISBN 978-4-06-511999-0
  3. ^ 壬生晴富の子
  4. ^ 三条西実隆の日記(『実隆公記』)には大永5年に11歳だったとあり、また中院通勝の日記(『継芥記』)には兄と記されているため、実際には永正12年(1515年)の生まれとみられる。
  5. ^ 『御湯殿の上日記』


「覚恕」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「覚恕」の関連用語

覚恕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



覚恕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの覚恕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS