寒緋桜とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > > 寒緋桜の意味・解説 

かん‐ひざくら【寒×緋桜】

ヒカンザクラ緋寒桜)」に同じ。


寒緋桜

寒緋桜 寒緋桜(カンヒザクラ)
Prunus campanulata

花は小輪一重咲き濃紅紫色開花期3月中旬
中国から台湾自生している台湾緋桜緋寒桜とも呼ばれています。花は釣鐘状の形となり花色併せ独特の雰囲気をもつです。

寒緋桜

読み方:カンヒザクラ(kanhizakura)

ヒガンザクラ別称
バラ科落葉小高木

学名 Prunus subhirtella


寒緋桜

読み方:カンヒザクラ(kanhizakura)

バラ科園芸植物

学名 Prunus cerasoides var.campanulata


カンヒザクラ

(寒緋桜 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 15:46 UTC 版)

カンヒザクラ寒緋桜学名Cerasus campanulata (Maxim.) Masam. & S.Suzuki)はバラ科サクラ属野生種サクラ[7]旧暦正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもある。別名ヒカンザクラ(緋寒桜)、タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)とも言う。なお語呂が似たヒガンザクラ(彼岸桜)はエドヒガンコヒガンの通称であり別種である。


注釈

  1. ^ カンヒザクラを除く10種はヤマザクラオオヤマザクラカスミザクラオオシマザクラエドヒガンチョウジザクラマメザクラタカネザクラミヤマザクラクマノザクラ

出典

  1. ^ 2011年末-2012年の冬は寒冬であったため、2012年の開花は例年に比べて遅くなった
  2. ^ The International Plant Names Index.: Cerasus campanulata (Maxim.) Masam. & S.Suzuki
  3. ^ 正宗厳敬・鈴木重良. 1936. 日本産サクラ属の学名に就いて. 台北農林学会報 1 (3): 316-318.
  4. ^ Maximowicz, C.J. 1883. Diagnoses des nouvelles plantes asiatiques. V. Bulletin de l'Académie Impériale des Sciences de St-Petersbourg, ser. 3, 29: 51-228, pl. 1-3.
  5. ^ The International Plant Names Index.: Cerasus campanulata (Maxim.) A.N.Vassiljeva
  6. ^ 兪徳浚・李朝鑾. 1986. 中国植物誌. 桜属. 38: 41-89. (PDF)
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:カンヒザクラ 2018年6月3日閲覧。
  8. ^ a b c 勝木俊雄『桜』p154 - p156、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  9. ^ 寒緋桜 日本花の会 桜図鑑
  10. ^ 許毓純、鄭貽生、『132種台灣常見樹木』p27、2009年、台北、社団法人台北市野鳥學會
  11. ^ 勝木俊雄『桜』p13 - p14、岩波新書、2015年、ISBN 978-4004315346
  12. ^ 紀伊半島南部で100年ぶり野生種のサクラ新種「クマノザクラ」 鮮やかなピンク 森林総研 産経ニュース 2018年3月13日


「カンヒザクラ」の続きの解説一覧



寒緋桜と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寒緋桜」の関連用語

寒緋桜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寒緋桜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本花の会日本花の会
Copyright(C)2021 THE FLOWER ASSOCIATION OF JAPAN. All rights reserved.
財団法人日本花の会桜図鑑
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカンヒザクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS