十和田とは?

とわだ 【十和田】 ◇

青森県南東部の市。旧名三本木古くから馬の飼育で知られ、現在も乳牛肉牛などの酪農が盛ん。十和田湖観光玄関口。

十和田(青森県・秋田県)

 690m 北緯402734秒 東経1405436秒 (御倉山)(三角点)  ※座標世界測地系による
 (カルデラ縁の最高点は尾鼻部山1,011m)
十和田の場所十和田
                                     (写真クリック拡大: 207KB)


概要

 二重のカルデラと後カルデラ溶岩円頂丘からなる。約55000年前に現在の十和田カルデラ位置から爆発的なプリーニー式の噴火起こり大規模デイサイト質の降下軽石及び奥瀬火砕流噴出があった。約25,000前に流紋岩質の降下軽石大不動火砕流流出13,000前に大量火砕流
八戸火砕流)を流出して、直径11kmの第1カルデラ形成された。その直後からカルデラ南部小型安山岩火山五色火山)が生じ、5,000年前頃まで、数回軽石噴火行い山頂部に直径3kmの第2カルデラを生じた(現在2つの半島に囲まれている中湖(なかのうみ))高橋1999)。
 第2カルデラ形成後には、溶岩ドーム御倉山(おぐらやま))湖上御門石(ごもんのいし))が生じているが、このうち御倉溶岩ドームは約1,000年前の軽石噴火に引き続いて形成された。


最近1万年間の活動

 13000年前の大規模噴火によって、十和田カルデラ大部分形成された。カルデラ形成後、約2000年間にわたって安山岩マグマ活動続き五色成層火山形成された。その後、約1万年前からは珪長質マグマ活動し、約8500年前と5400年前に大規模降下軽石噴出した(南部降下軽石、中せり降下軽石)。最新活動は、約1000年前の平安時代発生し(古文書によると915年)、プリニー式噴火による降下軽石噴出後に、大規模火砕流毛馬内(けまない)火砕流)が流出した(Hayakawa1985


記録に残る火山活動

 915(延喜15)年  軽石噴火大湯降下火砕物層と毛馬内火砕流)に続き御倉溶岩ドーム生成


  ※「概要」及び「最近1万年活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)、「記録に残る火山活動」については前述活火山総覧及び最近観測成果による。


十和田

読み方:トワダ(towada)

作者 伊藤整

初出 昭和28年

ジャンル 随筆


十和田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/08 13:37 UTC 版)

十和田(とわだ)は日本の地名。




「十和田」の続きの解説一覧





十和田と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「十和田」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

十和田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十和田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2018 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十和田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS