ヒイラギナンテンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > > ヒイラギナンテンの意味・解説 

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン
科名 メギ科
別名: トウナンテン
生薬名: ジュウダイコウロウヨウ十大功労葉
漢字表記 -
原産 中国 ヒマラヤ地方
用途 中国から台湾多く自生する常緑低木3月から4月黄色の花が咲き、果実液果庭木として用いられ、実生挿し木で簡単に増やせます。中国では解熱咳止めに、根は解熱解毒などに用います。
学名: Mahonia japonica DC.
   

ヒイラギナンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/14 14:32 UTC 版)

ヒイラギナンテン(柊南天、学名: Berberis japonica)は、メギ科メギ属[2]常緑低木


[ヘルプ]


「ヒイラギナンテン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒイラギナンテン」の関連用語

ヒイラギナンテンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒイラギナンテンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒイラギナンテン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS