かくにんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > かくにんの意味・解説 

確認

読み方:かくにん

確認(かくにん)とは、物事に対する認識把握・理解あるいは意思疎通などについて、不確かあやふや曖昧な状態に留めずに、「このようである」と断定断言できる程度に、はっきりさせることである。または、そのような動作行動のことである。文脈によっては「詳細な実態把握という意味合い色濃い場合もあれば、「瑕疵がない異論がないと認める」という意味合い色濃い場合もある。

確認の字義

確認は「確かめる」「認める」という同義語並置した表現解釈できるその意味では「創造」「飛翔」などと同様構成である)。また「確」の字訓読みには「確り(しっかり)」という副詞語彙もあり、確認は「しっかりと認める」の意味捉える余地もある。

確認の用法

「確認」はいわゆるサ変動詞であり、名詞動詞のどちらの用法でも用いられる名詞では「確認が必要」「確認が取れた」というような言い方ができ、動詞としては「確認ください」「まだ確認していない」といった言い方ができる。

確認の同義語

瑕疵問題がないことを認める」という意味では、確認の同義語として「検証「確証」などの語が挙げられる「承認」認定」「査収」あるいは「評価」なども言い換え表現たり得る。

それ自体であり他の何かではないことを認める」という意味では、「同定」「特定」「断定」「断言」あるいは「認証」などの語が同義語たり得る。

「うっかり忘れやこっそりスルーを防ぐため呼びかけるという意味では「念押し」「釘を刺す」といった表現言い換えられる場合がある

瑕疵問題がないかどうかよく調べるという意味合いでは「査収」「検収」「調査」「検査」「精査」「点検」などの語が同義語として扱える場合がある

不動産契約における「確認」

不動産分野において「確認」の語が用いられる機会は主に「建築確認」や「物件確認」が挙げられる

建築確認」は、建築計画計画された建築物)が「建築基準」に違反していないかどうかをあらかじめ調査し認め手続きのこと。「物件確認」は、「物確」と略されることもあるが、売出し貸し出し中の不動産物件がまだ空いているかどうか仲介業者確認することである。

かく‐にん【確認】

読み方:かくにん

[名](スル)

はっきり認めること。また、そうであることをはっきりたしかめること。「安全を―する」「生存者はまだ―できない

特定の事実法律関係存否について争い疑いのあるとき、これを判断認定する行為当選者の決定など。

「確認」に似た言葉

かくにん

出典:『Wiktionary』 (2021/08/29 12:33 UTC 版)

名詞

かくにん

  1. 確か認めること。はっきり確かめること。

発音(?)

か↗くにん

関連語

翻訳

動詞

活用



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かくにん」の関連用語

かくにんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かくにんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかくにん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS