関門海峡の潮騒と汽笛とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 関門海峡の潮騒と汽笛の意味・解説 

関門海峡の潮騒と汽笛

福岡県北九州市山口県下関市

●よく聞ける時期
1年中、とくに春秋大潮のころ

●よく聞けるところ
門司側…和布刈公園観潮テラス観潮遊歩道周辺

下関側…みもすそ川町みもすそ川公園関門海峡早鞆信号所阿弥陀寺町市民コミュニティー広場阿弥陀寺公園

寄りみち
門司港駅周辺レトロめぐりが大正モダニズム感覚おもしろい。高いところから関門海峡を見るなら和布刈公園門司側)か火の山公園下関側)がいい。

 関門海峡は、本州西端下関市九州東北端の北九州市門司区にはさまれた海域で、瀬戸内海日本海を結ぶ役割水路のため、海上交通要衝として知られている。

 昔から”早鞆の瀬戸”といわれた関門橋のあたりは、幅わずか700メートル瀬戸内海日本海干満の差によって潮流激変し、とくに潮流速いところでは時速16キロにもなる。その海峡1日大小700余りの船が往き交い激し潮流音の中で聞こえ汽笛交錯は、まさに海峡音色そのものといえる

 源平命運を決した壇ノ浦の合戦古戦場宮本武蔵佐々木小次郎決闘した巌流島など数々歴史ドラマ繰り広げられたロマンあふれるこの海峡は、耳を澄ませば潮流汽笛中に往時出来ごとがよみがえってくるようだ。関門海峡の潮騒と汽笛





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「関門海峡の潮騒と汽笛」の関連用語

関門海峡の潮騒と汽笛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大内宿の自然用水

大雪山旭岳の山の生き物

那智の滝

蓑脇の時水

満濃池のゆるぬきとせせらぎ

三井の晩鐘

風の松原

千光寺驚音楼の鐘





関門海峡の潮騒と汽笛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS