麻綿原のヒメハルゼミとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 麻綿原のヒメハルゼミの意味・解説 

麻綿原のヒメハルゼミ

千葉県大多喜町

●よく聞ける時期
7月中旬8月上旬

●よく聞けるところ
麻綿原高原一帯

寄りみち
清澄寺安房小湊駅北西清澄山山頂近くに建つ日蓮上人ゆかりの古刹境内木立多く凛とした雰囲気だ。麻綿原高原へはここからキロハイキング

麻綿原のヒメハルゼミ 千葉県中心部に位置する大多喜町には、美しい自然が数多く残されている。町の南部の麻綿原高原は、7月中旬から8月上旬にかけて、緩やかな斜面高原全体20アジサイ埋め尽くされる。

 また、この一帯ヒメハルゼミ一大生息地で、ちょうどアジサイ開花時とヒメハルゼミ鳴く時期とが重なり訪れる人をおおいに楽しませてくれる。

 ヒメハルゼミ特徴は、単独ではミンミンゼミの声に似ているが、合唱するのが好きなので、一匹鳴き出すと、数百数千匹が鳴く。まるで山全体震えるようにジャージャー大きく鳴り響き、しばらくするいっせいに鳴きやむ。

アクセス

列車バスJR外房線安房天津駅からバス20分で、清澄寺下車清澄寺まで徒歩30分、さらにハイキングコース1時間
マイカー館山自動車道市原ICから国道297号牛久へ。県道市原天津小湊線で養老渓谷経て県道小田代勝浦線へ。麻綿原高原には駐車場あり。

問合わせ先
大多喜町保健衛生課・千葉県夷隅郡大多喜町大多喜93、0470・82・2111





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「麻綿原のヒメハルゼミ」の関連用語

麻綿原のヒメハルゼミのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鳴門の渦潮

三之宮峡の櫓の轟

函館ハリストス正教会の鐘

諏訪洞・備中川のせせらぎと水車

満濃池のゆるぬきとせせらぎ

小川原湖畔の野鳥

観世音寺の鐘

千頭川の渓流とトロッコ





麻綿原のヒメハルゼミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2018 Kankyosho All rights reserved.

©2018 Weblio RSS