長良川の鵜飼とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 長良川の鵜飼の意味・解説 

長良川の鵜飼

岐阜県岐阜市関市

●よく聞ける時期
鵜飼開催時期である、毎年5月11日から10月15日までの午後7時30分ごろから8時30分ごろ。

●よく聞けるところ
鵜飼観覧船上河原

寄りみち
岐阜公園20平方メートル広大だ。園内ロープウェイがあり、金華山山頂岐阜城まで運んでくれる。最上階展望台だ。

 金華山長良川鵜飼など岐阜市歴史文化を知るには、岐阜市歴史博物館格好だ。関市では刃物産業を目のあたりにできる施設関市産業振興センター刀剣及び刃物資料等の展示物や、日本刀鍛錬場などがある。

 風かおる5月11日夕暮れ時、長良川河畔岐阜市関市では、古式ゆかしい鵜飼シーズン幕を開ける

 長良川夏の風物詩鵜飼は、千数百年の時を越えて古来伝統漁法が現在に伝わったものである毎夜かがり火の下で素に、そして華やかに、繰り広げられる古代絵巻はたいへん情緒があり、見る人に感動興奮与えている。

 暮れなずむ川面に、浮かぶ鵜船を追うひたむきの姿、「ホウホウ」とかけ声をかけながら、みごとな手縄さばきでをあやつる鵜匠の姿。船頭が舟端を「ドンドン」とたたき、かがり火暗い川面に投げかける投影

 辺り一帯はどこか夢みるような幻想的な趣と音に満ちてくる。長良川の鵜飼

アクセス

電車バス岐阜市JR岐阜駅前からシャトルバス長良橋下車。《関市名鉄美濃町線新関駅または長良川鉄道関駅下車タクシー10分。
マイカー=《岐阜市名神高速道路一宮ICから国道22号20分。岐阜公園長良川駐車場あり。《関市東海北陸自動車道関ICから約10分。乗船下流駐車場あり。
問合わせ先
岐阜市経済部観光課・岐阜県岐阜市今沢町18、058・265・4141
関市商工観光課・岐阜県関市若草通−1、0575・22・3131



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長良川の鵜飼」の関連用語

長良川の鵜飼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長良川の鵜飼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.

©2020 Weblio RSS