指紋認証とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 認証 > 指紋認証の意味・解説 

指紋認証

読み方しもんにんしょう
【英】fingerprint authentication

指紋認証とは、生体認証一種で、指紋によって個人認識し、認証を行うシステムのことである。

指紋認証では、あらかじめ指紋データとして登録した上で指紋読み取り装置に指をかざして登録されているデータ照合し、認証が行われる。指紋各人固有の紋様示し、また加齢に伴う変化もないとされる

指紋による個人特定は、拇印による指紋鑑定として、古くから犯罪捜査などで用いられてきた。生体認証技術の中では最も成熟普及進んでいる技術といえる。指紋認証システム一般的に利用されており、認証精度の向上・小型化低価格化が他の生体認証比べ進んでいる。廉価個人向け製品一般的となりつつあり、読み取り装置搭載したノートPC携帯電話などもすでに登場している。

実用化向けて研究が進められている生体認証技術としては、指紋認証の他に、顔認証虹彩認証静脈認証などを挙げることができる。


参照リンク
指紋認証 - (社団法人日本自動認識システム協会
セキュリティのほかの用語一覧
認証方式:  声紋認証  静脈認証  シングルサインオン  指紋認証  耳介認証  送信者認証  .NET Passport

生体認証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/19 08:24 UTC 版)

(指紋認証 から転送)

生体認証(せいたいにんしょう)はバイオメトリック(biometric)認証あるいはバイオメトリクス(biometrics)認証とも呼ばれ、人間の身体的特徴(生体器官)や行動的特徴(癖)の情報を用いて行う個人認証の技術(プロセス)である。 [1]


  1. ^ アメリカミシガン州立大学のAnil Jainによる定義では、「バイオメトリクス」一語でも生体認証技術を現すとされる。この定義に従うと「バイオメトリクス認証」は二重表現ともとれるが、バイオメトリクスという単語には「指紋など生体特徴情報そのものを示す意味」と「それら生体特徴情報を用いた認証まで含む意味」との二通りが有り、前者の解釈を採用すればバイオメトリクス認証という言葉も間違いではない。実際に専門文献(『バイオメトリックセキュリティ・ハンドブック』)などでも、生体認証をあらわす表現として、「バイオメトリクス」「バイオメトリクス認証」「バイオメトリック認証」の各表現が混在しており、特に区別されず同様の意味として用いられている。これは英語表現においても同様である(本稿英語版ページの冒頭を参照)。ただし、biometricsは名詞、biometricは形容詞であるので、名詞・形容詞を区別する必要が有る文脈では当然区別される。なお、一般の書籍においては「バイオメトリクス」の表記が用いられることがしばしば有るが、専門書・技術文献ではこの表記はあまり使われない。
  2. ^ 奈良市環境部:出退勤に静脈認証を導入へ 反発の声も 毎日新聞 2013年2月8日
  3. ^ [1]
  4. ^ 國米 仁, 奇怪論理と優良誤認に脅かされる情報セキュリティ http://www.mneme.co.jp/data/thesis3.html
  5. ^ 「生体認証」破り入国、韓国人女がテープで指紋変造 読売新聞 2009年1月1日


「生体認証」の続きの解説一覧





指紋認証と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

指紋認証に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「指紋認証」の関連用語

指紋認証のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Ultrium

Sony Tablet P

デュアルポインタマウス

らくらくホン7

DDR2 SDRAM

macOS Sierra

WikiReader

GALAXY Note II SC-02E





指紋認証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ指紋認証の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生体認証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS