安全帯とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > 安全帯の意味・解説 

あんぜんたい 安全帯 safety belt

命綱」。高所作業(2m以上)や転落などの危険防止のため着用する保護用のベルト

安全帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/15 05:52 UTC 版)

安全帯(あんぜんたい)とは、高い場所で作業を行う場合に使用する命綱付きベルトのことである。大まかには、命綱としてのロープ部分と、それを支持物に固定するためのフック、および墜落時に人体を保持するためのベルトから成っているが、人体の保持のためにロープだけではなくベルトも併用する点が「安全帯」という名の由来である。






「安全帯」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

安全帯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「安全帯」の関連用語

安全帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

OP-3C

片皺竹

トリュフ

カーボン

ライザー・テンショナー

カリビアマツ

平削り

タンゴ・エクスプローラー





安全帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安全帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS