エプロンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > エプロンの意味・解説 

エプロン [1] 【apron】

衣服保護のために胸または腰から膝(ひざ)へかける洋風前掛け
飛行場で,格納庫の前の広場。また,乗客乗降などのために飛行機止める広場

【エプロン】(えぷろん)

空港飛行場における、航空機駐機させておくためのスペースのこと。
機体簡易整備燃料補給乗客乗員搭乗などが行われる。

設備が整っている空港では、地下燃料パイプライン高圧空気ライン電気配線通っている。
後者は、駐機中にAPU作動させることによる大気汚染考慮したもので、欧州空港で主に採用されている。

関連GPU


エプロン

浴槽外周立ち上がり部分(垂直部分)のうち、浴槽と同じ仕上げが施されている部分。エプロンのつき方で、1方半エプロン・2方半エプロン・1方全エプロン・2方全エプロン・エプロンなしなどの種類がある。2方半エプロンとは、半埋込タイプ浴槽用で浴槽外周4面のうち、2面にエプロンがついているもの。→浴槽

エプロン

作者梅田千津子

収載図書瀬戸際オンナたち
出版社熊本日日新聞社
刊行年月2005.11


エプロン (Apron) (英語)

グリーンまわりでフェアウェー同様にが短く刈ってある部分カラーcollar)、フリンジ (fringe) などとも言う。
 
» パット・チップ
エプロン


エプロン

読み方:えぷろん

  1. 若い美しい女のことをいふ。よくエプロンを掛けて居るから。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エプロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/30 09:55 UTC 版)

エプロンは、衣服の汚れを防ぐために着用される前掛けである[1]。胸当て付きのものもある[1]衛生面から着られるほか、その下の服が傷付いたり汚れたりすることを防ぐ目的でも着られる。大小様々なポケットが付いた製品も大変便利であり、調理や食事、手工業、美術制作などの場で用いられることが多い。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 意匠分類定義カード(B1) 特許庁
  2. ^ Bib(英):胸当て、よだれ掛けの意味
  3. ^ 英語版記事に見られるように、Salon Apronという表現自体は存在する。耐水性などを備えた、理容業向けのエプロンを指す。
  4. ^ a b c 身崎 2012, pp. 362-377.


「エプロン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エプロンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エプロン」の関連用語

エプロンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タメをつくる

ブルーインパルスジュニア

フライヤー

ハイポート

ハイブリッド クラブ

編隊

MD900

ホーゼル





エプロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエプロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS