RIM-162とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > RIM-162の意味・解説 

【RIM-162】(あーるあいえむひゃくろくじゅうに)

RIM-162 Evolved Sea Sparrow Missile(ESSMはその頭文字をとった略)
RIM-7ベース開発されたポイントディフェンス(個艦防空ミサイル通称ESSM
エリアディフェンス(艦隊防空RIM-66など)を突破した航空機対艦ミサイル迎撃することを目的としている。

現在、西側諸国海軍代表的なポイントディフェンスミサイルであるRIM-7シースパローでは、海面スレスレを超音速飛来してくる対艦ミサイルに対応することが困難な為、1990年代前半アメリカオランダスペインドイツなど10ヶ国が参加して開発開始し、現在量産中である。

誘導RIM-7と同じセミアクティブレーダー誘導だが、中間誘導装置としてINSリングレーザージャイロ)およびデータリンク搭載したことにより、イルミネーター1基あたり最大3目標同時対処可能となった。
ただし、この能力発揮するにはベースライン6以降イージスシステムなど、優れた射撃指揮装置が必要となり、それ以外の艦では従来どおりイルミネーター1基あたり1発までの誘導となる。
また、RIM-7発射までに約4分の準備時間要するのに対し、ESSM即時発射が可能となり即応性が大幅改善された。
ブースター改良されており、燃料アルミニウム添加したレーザー点火装置付のMk134固体推進ロケットモーターと推力偏向ノズル採用し、最大50Gでの旋回が可能で射程も50km+まで延長されている。
なお、推力偏向ノズルはロケットモーターの燃焼終了同時に廃棄される。
ハイGでの旋回による失速を防ぐ為、後部長いストレーキ装備その後ろに操舵翼が装備される。

8連装のMk29、Mk48発射機、Mk48VLSMk41VLS(1セルあたり4発装填)から発射することができる。
また、コクーンランチャーという簡易型の発射機も用意されている。

なお、AIM-120シーカー移植したアクティブレーダー誘導タイプ開発計画存在するようである(未確認)。
海上自衛隊ESSM導入に向け、試験艦あすかや汎用護衛艦一部発射能力付与して試験を行っており、ひゅうが型護衛艦より制式配備される予定である。

スペックデータ

全長:3.8m
直径:25cm
翼幅:64cm
重量:280kg
推進方式固体燃料ロケットモーター
エンジン:Mk.143固燃ロケット
射程30~50km
速度:M2.5~3
弾頭指向性爆風破片炸薬弾頭弾頭重量41kg)
誘導方式セミアクティブレーダー誘導
発射機:Mk.41VLS(RIM-162A/B)/MK.48VLS(RIM-162C)/Mk.29ボックスランチャー(RIM-162D)

バリエーション

essm.jpg

Photo:MASDF

ESSM模型




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「RIM-162」の関連用語

RIM-162のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



RIM-162のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS