通信講座とは? わかりやすく解説

通信教育

(通信講座 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/17 01:10 UTC 版)

通信教育(つうしんきょういく)は、主に印刷物(および郵便)、ラジオテレビを用いて提供する教育のことである[1]。離れた場所から提供する教育全般を指す概念、インターネットを利用した教育まで含めた用語としては遠隔教育があり、その意味では「通信教育」は遠隔教育の一部に位置づけられる。


注釈

  1. ^ 認定社会通信教育の認定にあたっては、社会教育法(昭和24年法律第207号)、社会通信教育規程(昭和37年文部省令第18号)、社会通信教育基準(昭和37年文部省告示第134号)の規定に基づいて中央教育審議会に諮問しなければならない。

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典「通信教育」
  2. ^ a b c d e 佐々木保孝「研究ノート:英米における大学開放の歴史」、天理大学、2020年7月31日閲覧 
  3. ^ a b まぼろし通販百科 第14回「懐かしき「講義録」の世界」の巻 まぼろしチャンネル 2005年6月2日 串間努[リンク切れ]アーカイブ(2010/11/04)
  4. ^ 学校教育法(昭和22年法律第26号)、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)。


「通信教育」の続きの解説一覧

通信講座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 02:50 UTC 版)

日本電卓技能検定協会」の記事における「通信講座」の解説

3か月程度をめどに、電卓技能高め目的をもって実施している。 受講者は、協会から送られる教材を見ながら講座受講していく。 受講者は、実力認定試験問題実施し基準点達した場合は「終了証実力認定証」が発行され受講終了となる。ただし、「終了証実力認定証」は、実際試験級と同等な実力があることを認めるものであり、電卓技能検定試験合格証書とは異なる。

※この「通信講座」の解説は、「日本電卓技能検定協会」の解説の一部です。
「通信講座」を含む「日本電卓技能検定協会」の記事については、「日本電卓技能検定協会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「通信講座」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通信講座」の関連用語

通信講座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通信講座のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本電卓技能検定協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS