身体検査とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 検査 > 身体検査の意味・解説 

身体検査

読み方:しんたいけんさ

体を詳しく調べること。主に、発育状況調べ目的で身長体重測定する身体調査逮捕者などの所持品詳しく調べ身体調査人間関係信用情報といった身辺状況jを調べる身体検査、などがある。

しんたい‐けんさ【身体検査】

読み方:しんたいけんさ

身体の発育状態や病気有無検査すること。

服装所持品などを検査すること。

比喩的に閣僚政府関係機関の長などの要職候補について就任後批判の種になるような交友関係金銭関係などの問題がない調べること。身辺調査


身体検査

作者フョードル・ソログーブ,米川正夫

収載図書世界名作選 1 復刻版
出版社新潮社
刊行年月1998.12
シリーズ名日本少国民文庫


身体検査

作者フョードル・ソログープ

収載図書日本少国民文庫 世界名作選 1
出版社新潮社
刊行年月2003.1
シリーズ名新潮文庫


身体検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 14:57 UTC 版)

身体検査(しんたいけんさ)




「身体検査」の続きの解説一覧

身体検査(システムスキャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 18:48 UTC 版)

とある魔術の禁書目録の用語」の記事における「身体検査(システムスキャン)」の解説

学生能力レベル測定査定)する制度定期的に受けることが義務付けられ試験同時期実施されている。測定対象は、能力威力効果範囲制御など。この結果によってレベル決められ成績一つとなる。

※この「身体検査(システムスキャン)」の解説は、「とある魔術の禁書目録の用語」の解説の一部です。
「身体検査(システムスキャン)」を含む「とある魔術の禁書目録の用語」の記事については、「とある魔術の禁書目録の用語」の概要を参照ください。


身体検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 05:13 UTC 版)

航空学生」の記事における「身体検査」の解説

身体基準自衛官候補生とは別に航空身体検査に関する訓令』に定められた基準に従うため不定期に改定されている。なお自衛隊操縦士だけでなく海上保安庁も同じ基準使用している検査項目民間パイロットに適用される航空身体検査』とほぼ同等であるが、視力矯正度に制限がありコンタクトレンズ不可肺活量%肺活量ではなく絶対値身長上限(190cm)がある。また自衛官あるため刺青自殺企図既往歴チェックされるなどの違いがある。なお視力の基準年々緩和されており、近年平成28年度)では遠距離裸眼視力下限0.2から0.1緩和された視力以外に聴力基準達しない者もいるという。 過去には強い加速度かかった際に操縦桿離さないだけの握力が必要とされたため握力検査もあったが、トレーニング対応できるため現在は撤廃されている。 採用内定していても入隊時に再度航空身体検査を行いこの際不合格だった場合不採用となる。

※この「身体検査」の解説は、「航空学生」の解説の一部です。
「身体検査」を含む「航空学生」の記事については、「航空学生」の概要を参照ください。


身体検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 03:24 UTC 版)

逮捕」の記事における「身体検査」の解説

拘置所留置場では被疑者違法な物品施設内に持ち込まないように身体検査の一種である検身おこなわれるなかには体腔検査が行われることがあるが、その妥当性について米国問題になった事例がある。

※この「身体検査」の解説は、「逮捕」の解説の一部です。
「身体検査」を含む「逮捕」の記事については、「逮捕」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「身体検査」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

身体検査

出典:『Wiktionary』 (2020/12/03 06:38 UTC 版)

名詞

身体 検査しんたいけんさ)

  1. 学校会社などで、身体的な発育状況健康状態などしらべること。身体測定および健康診断
  2. 採用試験などで、身体上健康上条件満たしているかしらべること。
  3. などのうちに違法あるいは危険物品などを隠匿していないかしらべること。検身
  4. 比喩的人物登用する際に、人間関係経歴行動などを調査すること。身辺調査

発音(?)

シ↗ンタイケ↘ンサ

「身体検査」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



身体検査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「身体検査」の関連用語

身体検査のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身体検査のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの身体検査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのとある魔術の禁書目録の用語 (改訂履歴)、航空学生 (改訂履歴)、逮捕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの身体検査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS