華氏温度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 温度 > 華氏温度の意味・解説 

かし おんど くわしをんど [3] 【華氏温度】

〔「華氏」は考案者のドイツ人ファーレンハイトFahrenheit)の中国音訳倫海」による〕
一気圧での水の凝固点32度、沸点212度とする温度目盛り記号 摂氏温度との関係は C =5(F -32)/9 で表される。アメリカなどで使われている。カ氏温度。 → 摂氏温度列氏温度

華氏

同義/類義語:華氏温度, カ氏温度,
英訳・(英)同義/類義語:Fahrenheit's temeperature scale, F

温度測定する慣用的尺度科学的目的には使わない。F=(5/9)*C+32

華氏

(華氏温度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/12 04:06 UTC 版)

華氏(かし、英語: degree Fahrenheit、記号: °F)は、数種ある温度のうちのひとつであり、ケルビンの1.8分の1 である。真水凝固点を32カ氏温度、沸騰点を212カ氏温度とし、その間を180等分して1カ氏度としたことに由来する。




  1. ^ [1] 計量単位規則 別表第6 「温度」の欄
  2. ^ [2] 計量単位令 別表7 項番3
  3. ^ アイザック・アシモフ 「12 上はどこまで高いか」『空想自然科学入門』 小尾信彌、山高昭訳、早川書房〈ハヤカワ文庫〉、1978年(原著1963年)、219-227頁。ISBN 4-15-050021-5
  4. ^ The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。. 


「華氏」の続きの解説一覧

華氏温度

出典:『Wiktionary』 (2008/02/19 04:02 UTC 版)

名詞

かしおんど

  1. 水の凝固点32度、沸点212度となる温度尺度
  2. 1.の尺度による温度通常日本語では、華氏と略すか、°F記号を用いる。
    例文: 華氏温度80度(華氏80度, 80°F

語源

翻訳

温度尺度
温度の値

関連語




華氏温度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「華氏温度」の関連用語

華氏温度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



華氏温度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの華氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの華氏温度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS