生碼麺とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 生碼麺の意味・解説 

サンマー‐めん【サンマー麺】

読み方:さんまーめん

《「サンマーメンと書くことが多い》もやし・白菜豚肉などの入ったあんをかけた、中華風の汁そば

[補説] 日本作られ料理で、神奈川県横浜市発祥とされる語源未詳。「生馬麺」「生碼麺」とも書く。


サンマーメン

(生碼麺 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/28 03:42 UTC 版)

サンマーメンサンマ―麺生馬麺生碼麺)は、モヤシなどの野菜豚肉といった具材を炒めてとろみをつけたあんかけをのせる、神奈川県横浜市発祥のご当地ラーメンである[1][2]。あんをかけるのは、細麺の醤油ラーメンもしくは塩ラーメンである[1]


注釈

  1. ^ 厳密には同級生が経営する工務店を訪れた際に、同級生の母親が特別に当時のレシピを再現したもの。放送当時は既に「知味斉」は閉業していたが、桑田とユースケ・サンタマリアの熱い思いに応える形で同級生の母親が奮起してこの日限定で腕を振るった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j サンマー麺ってどんなラーメン?由来話☆ かながわサンマー麺の会(2024年5月18日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g h i [東日本 自慢の推し麺]サンマーメン 玉泉亭(横浜市中区)常連客 長年の熱い支持産経新聞』朝刊2024年5月7日(東京面)2024年5月18日閲覧
  3. ^ かながわサンマー麺の会 神奈川県中華料理業生活衛生同業組合(2024年5月18日閲覧)
  4. ^ かながわサンマー麺の会/相模原・厚木・秦野エリアのメンバーリストには加盟店が存在しないことがわかる。
  5. ^ サザンビーチちがさきで海の家を営む大久保義雄さん。 ニッポン放送『キキマス! 湘南ライフ!!』ニッポン放送 2023年6月28日閲覧。
  6. ^ 2009年6月7日発行『朝日新聞』34面に聘珍樓が1930年には提供していた事を裏付ける記事が掲載されている。
  7. ^ 文化庁100年フード 厚木のとん漬を認定”. タウンニュース (2023年3月10日). 2024年4月19日閲覧。
  8. ^ 全国各地の100年フード”. 2024年4月24日閲覧。
  9. ^ ぴあ 横浜食本』(2016年3月11日発行)pp.51-53
  10. ^ 8位 玉泉亭”. テレビ東京出没!アド街ック天国』2021年12月18日放映 (2021年12月18日). 2024年5月18日閲覧。
  11. ^ 横浜あんかけラーメン
  12. ^ 横浜発祥サンマー麺
  13. ^ 横浜発祥サンマーメン、カップ麺で全国区に 改良加え新装」『神奈川新聞』、2023年6月11日、18面。2023年6月25日閲覧。オリジナルの2023年6月13日時点におけるアーカイブ。
  14. ^ 横浜発祥「サンマーメン」 カップ麺になって誕生」『タウンニュース』、2023年6月8日。2024年4月24日閲覧。
  15. ^ "かながわサンマー麺の会"監修「野菜あんかけ醤油ラーメンサンマー麺」が地域限定で発売!~文化庁認定「100年フード」サンマ―麺をファミリーマートで味わおう~』(プレスリリース)株式会社ファミリーマート、2024年4月12日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001237.000046210.html2024年4月23日閲覧 
  16. ^ 【関東の一部】野菜あんかけ醤油ラーメン サンマー麺”. ファミリーマート. 2024年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月24日閲覧。


「サンマーメン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生碼麺」の関連用語

生碼麺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生碼麺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンマーメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS