寄り鯨とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 寄り鯨の意味・解説 

寄り鯨

読み方:よりくじら

座礁して身動きの取れなくなったのこと。古来日本では重要な資源として重宝され、信仰対象にもなった。

座礁鯨

(寄り鯨 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 08:42 UTC 版)

座礁鯨(ざしょうくじら)とは、何らかの理由により、クジラ類浅瀬岩場などの海浜に乗り上げ、自力で泳いで脱出できない状態になること。「鯨の集団自殺」として知られる。


  1. ^ a b 軍用ソナーがクジラの「減圧症」誘発、大量打ち上げの原因研究” (日本語). www.afpbb.com. 2020年7月8日閲覧。
  2. ^ 2000年3月の米海軍によるバハマ諸島での新型ソナーの実験現場付近で16頭のアカボウクジラなどのクジラが座礁し、死亡した個体に耳の出血と呼吸、発声組織の損傷が確認された。ちなみに陸上であればジェット戦闘機のエンジンの音響に匹敵するソナーの音波は聴覚に依存して生きるクジラの仲間には致命傷である。「行き場を失った動物たち」今泉忠明、東京堂出版、2005年 ISBN 4490205546 P211-218


「座礁鯨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寄り鯨」の関連用語

寄り鯨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



寄り鯨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの座礁鯨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS