大文字保存会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 大文字保存会の意味・解説 

大文字保存会

読み方:だいもんじほぞんかい

京都夏の風物詩である伝統行事五山の送り火」のうち、「大文字」の保存継承のため活動している団体大文字がある京都市左京区地域住民らによって運営されている。大文字山送り火で焚かれる護摩木の手配、点火作業平時大文字山の手入れ、などの活動を行っている。

2011年夏に催される五山の送り火」では、2011年3月発生した「東日本大震災」で亡くなった人々鎮魂の意味をこめて、大津波でほぼ壊滅状態陥った岩手県名勝高田松原」のを、使用しようという計画持ち上がっていた。ちなみに五山の送り火は、元来死者の霊をあの世に送るための火とされている。

7月以降送り火高田松原に使う計画報道され始めると、福島県発生している東京電力福島第一原子力発電所原発事故報道絡めて「を燃やすと放射性物質舞い上がるではないか?」といったことを不安がる内容問合せが、大文字保存会のもとに相次いで寄せられたという。大文字保存会では、事前に線量チェック行い、安全上問題ないことを確認しはしたが、不安が払拭されない事態鑑みて使用中止することにした。

ところが、高田松原使用しないことを発表すると、今度は「風評被害以外の何ものでもない」「被災者心情への配慮を欠く判断だ」といった趣旨抗議が更に相次いで寄せられることとなった。

大文字山送り火使用されるはずだった高田松原は、送り火への使用中止が発表された後、松原のあった陸前高田市で、お盆迎え火として焚かれた。大文字保存会、ならびに五山の送り火」の他の四山の各保存会も、後に被災地として受け入れることを表明している。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大文字保存会」の関連用語

大文字保存会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大文字保存会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS