ベンチマーキングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > ベンチマーキングの意味・解説 

ベンチマーキング

【英】:Benchmarking

ベンチマーキングとは、「自己革新目的とし、高い革新成果達成している他社やり方学び自己の革新最高水準高め方法考え出すこと」である。

ベンチマーキングは、1970年代後半アメリカ企業導入した手法である。
特に、リエンジニアリング取り組みに当たり企業各社がこのベンチマーキング手法適用し大きな成果得ている。

なお、ベンチマーキング手法導入手順は、一般的に、以下のようなステップ行われる
 1.ベンチマーキング対象企業決定
 2.ベンチマーキング対象企業事前調査
 3.ベストプラクティス抽出
 4. ベンチマーキング対象企業への訪問情報交換
 5.自社へのベストプラクティス適合計画の策定
 6.ベストプラクティス取り入れた革新への取り組み

ベンチマーキング

【英】benchmarking

アメリカ生産・品センターAmerican Productivity and Quality Center)による定義では、ベンチマーキングとは、世界中先進企業継続的に比較・測定することで、企業生産性向上させるための情報を得るプロセスのこと。カスタマー・ボンディング・プログラムの評価計画役立コンセプトである。

ベンチマーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/20 14:48 UTC 版)

ベンチマーキング(英:benchmarking)とは国や企業等が製品、サービス、プロセス、慣行を継続的に測定し、優れた競合他社やその他の優良企業のパフォーマンスと比較・分析する活動を指す。測定する尺度は、顧客による企業のパフォーマンスに対する評価に直接、間接的に影響を与えるものでなければならない。


  1. ^ GBN Survey Results "Business Improvement and Benchmarking" Global Benchmarking Network、2009年1月16日
  2. ^ Beating the competition: a practical guide to Benchmarking. Washington, DC: Kaiser Associates. (1988). pp. 176. ISBN 978-1563650185. http://www.kaiserassociates.com/cs/first_book_on_benchmarking 
  3. ^ Camp, R. (1989). The search for industry best practices that lead 2 superior performance. Productivity Press.
  4. ^ Benchmarking: How to Make the Best Decisions for Your Practice
  5. ^ 韓国の製菓業界、類似商品問題が深刻化朝鮮日報
  6. ^ テレビ東京 ワールドビジネスサテライト 2005年1月26日放送分「知を拓く(1)企業vsニセモノ 終わりなき攻防」
  7. ^ 韓国財閥がドンキをパクリ?政治は反日でも日本人気は過熱, FNN.jpプライムオンライン 2019年5月20日


「ベンチマーキング」の続きの解説一覧

ベンチマーキング

出典:『Wiktionary』 (2021/07/03 11:52 UTC 版)

語源

英語 benchmarking音写

名詞

ベンチマーキング

  1. 国や企業等が、自己革新目的とし、高い革新成果達成している他社やり方継続的に測定し、比較分析する活動

「ベンチマーキング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベンチマーキングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベンチマーキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2022 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベンチマーキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのベンチマーキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS