コギト-エルゴ-スムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > コギト-エルゴ-スムの意味・解説 

コギト‐エルゴ‐スム【(ラテン)cogito, ergo sum】

読み方:こぎとえるごすむ

我思う、ゆえに我あり」と訳されるすべての仮構権威排したあとで、絶対に疑いえない確実な真理として、考え我という主体存在提起したもの。デカルト言葉


我思う、ゆえに我あり

(コギト-エルゴ-スム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/13 16:08 UTC 版)

我思う、故に我在り」(われおもう、ゆえにわれあり、: Je pense, donc je suis[1]: Cogito ergo sum)は、デカルトが仏語の自著『方法序説』(Discours de la méthode)の中で提唱した有名な命題である。『方法序説』の他、『省察』、『哲学原理』、『真理の探究』でも類似した表現が使われているが、一様でなく、その解釈について争いがある。ラテン語訳のCogito, ergo sum(コーギトー・エルゴー・スム、cogito =我思う、ergo = 故に、sum = 我在り)との標題が有名だが、これは第三者の訳による『真理の探求』で用いられたもので、デカルト自身がこのような表現をしたことはない。『方法序説』の幾何学部分以外は、神学者のエティエンヌ・ド・クルセル(Étienne de Courcelles)がラテン語に訳し、デカルト自身が校閲し[2]Ego cogito, ergo sum, sive existo との表現がされている。デカルト自身がラテン語で書いた『哲学原理』(Principia philosophiae)ではego cogito, ergo sum[3]、『省察』では、Ego sum, ego existo [4]と表現されている[5]


  1. ^ Œuvres de Descartes, éd. Ch. Adam & P. Tannery(AT), Vrin, VI, 32, 1996.
  2. ^ ルネ・デカルト著『方法序説』落合太郎訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1967、「解題」6-7頁
  3. ^ Principia philosophiæ, I, 7.
  4. ^ AT. VII, 25
  5. ^ ルネ・デカルト著『方法序説』、山田弘明訳、ちくま書房〈ちくま学芸文庫〉、2010、234-235頁
  6. ^ 中村元 (1984). ブッダのことば : スッパニーダ:Suttanipāta. Nakamura, Hajime, 1912-1999.. Tōkyō: 岩波書店. ISBN 4003330110. OCLC 173514637. https://www.worldcat.org/oclc/173514637 


「我思う、ゆえに我あり」の続きの解説一覧

コギト・エルゴ・スム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 03:47 UTC 版)

省察」の記事における「コギト・エルゴ・スム」の解説

方法的懐疑経て肉体を含む全ての外的事物懐疑かけられ純化され精神だけが残りデカルトは、「私がこのように全ては偽である”と考えている間、その私自身なにものでなければならない」、これだけは真であるといえる絶対確実なことを発見する。これが「私は考える、ゆえに私はある」Je pense, donc je suis (フランス語)である。 コギト・エルゴ・スムは、方法的懐疑経て考える」たびに成立する。そして、「我思う、故に我あり」という命題明晰かつ判明知られるものである事から、その条件真理判定する一般規則として立てて、「自己の精神明晰かつ判明認知されところのものは真である」と設定する明晰判明規則

※この「コギト・エルゴ・スム」の解説は、「省察」の解説の一部です。
「コギト・エルゴ・スム」を含む「省察」の記事については、「省察」の概要を参照ください。


コギト・エルゴ・スム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 09:52 UTC 版)

ルネ・デカルト」の記事における「コギト・エルゴ・スム」の解説

方法的懐疑経て肉体を含む全ての外的事物懐疑かけられ純化され精神だけが残りデカルトは、「私がこのように全ては偽である”と考えている間、その私自身なにものでなければならない」、これだけは真であるといえる絶対確実なことを発見する。これが「私は考える、ゆえに私はある」Je pense, donc je suis(フランス語)である。ちなみに有名な我思う、ゆえに我あり」コギト・エルゴ・スム cogito ergo sumラテン語)とのラテン語表現は『真理探究』でなされているが、これは第三者による訳で、デカルト自身このような表現をしたのは、後に彼がラテン語執筆した哲学原理』においてである。方法序説ラテン語訳出版され、「Ego cogito, ergo sum, sive existo 」との表現とらえている。詳細同名内部リンクを参照。 コギト・エルゴ・スムは、方法的懐疑経て考える」たびに成立する。そして、「我思う、故に我あり」という命題明晰かつ判明知られるものであることから、その条件真理判定する一般規則として立てて、「自己の精神明晰かつ判明認知されところのものは真である」と設定する明晰判明規則) のちのスピノザは、コギト・エルゴ・スムは三段論法ではなくコギトスム単一の命題言っているのであり、「私は思いつつ、ある」と同義であるとした。そのスピノザ解釈から、カントエルゴ不要とし(デカルト自身エルゴ不要性については考えていた)、コギト・エルゴ・スムは経験的命題であり自意識よるものだとした。

※この「コギト・エルゴ・スム」の解説は、「ルネ・デカルト」の解説の一部です。
「コギト・エルゴ・スム」を含む「ルネ・デカルト」の記事については、「ルネ・デカルト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コギト-エルゴ-スム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



コギト-エルゴ-スムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コギト-エルゴ-スム」の関連用語

コギト-エルゴ-スムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コギト-エルゴ-スムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの我思う、ゆえに我あり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの省察 (改訂履歴)、ルネ・デカルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS