URLとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > URLの意味・解説 

URL

【英】Uniform Resource Locator
別名:ユニフォーム・リソース・ロケーター

WWWアドレス決めシステムで、すべてのインターネット・サービスのアドレス・スタンダードとして提唱されている。ウェブサイトアドレスはこの"URL"として知られていて、アクセス方法アクセスするべきサーバ、そしてアクセスできるディレクトリファイルへの道筋などの情報含まれる

URL uniform resource locator


URL

フルスペル:Uniform Resource Locator
読み方ユーアールエル

URLとは、インターネット上に存在する文書画像などの情報資源リソース)の場所を、特定、あるいは識別するための記述方式のことである。いわばインターネットにおける住所であるといえる

URLは、主にプロトコルサーバー、およびサーバー内のファイル所在ディレクトリファイル)についての記述構成される。形式としては「プロトコル名://ホスト名/ファイル名/」となる。

今やあまねく普及した感のあるURLの呼び名は、実のことろ公式な名称ではない。URLとは別にある程度永続性念頭に置かれたURNUniform Resource Name)という識別子がある(図書一般ISBN代表的URNである)が、このURLとURNとを含む上位概念としての「URI」が正式名称である。最近では、URLも徐々にURI呼び名移行されつつある。


.url

読み方ユーアールエル

.urlとは、Webページへのショートカット記載されたファイルに付く拡張子のことである。MicrosoftWebブラウザ「IntennetExproler」における「お気に入り」などで用いられる。


Url クラス

ポリシー評価するための証拠として、コード アセンブリ発生元の URL を提供します。このクラス継承できません。

名前空間: System.Security.Policy
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説

Url 証拠がある場合は、アクセス許可セット内に UrlIdentityPermission生成されます。UrlIdentityPermission に対して Demand呼び出された場合は、Publisher 証拠に対応する UrlIdentityPermission が、呼び出しによって要求されたアクセス許可比較されます。

プロトコル (HTTPHTTPSFTP) やファイル名を含む完全な URL が想定されます。たとえば、http://www.fourthcoffee.com/process/grind.htm は完全な URL です。

URL には、完全に一致する文字列、または最終位置ワイルドカード使用した文字列使用できます。たとえば、http://www.fourthcoffee.com/process/* はワイルドカード URL です。

継承階層継承階層
System.Object
  System.Security.Policy.Url
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Url コンストラクタ


Url プロパティ


Url メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

  名前 説明
パブリック メソッド Copy 証拠オブジェクト新しコピー作成します。
パブリック メソッド CreateIdentityPermission Url 証拠クラス現在のインスタンスに対応する ID アクセス許可作成します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 現在の URL のハッシュ コード取得します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 現在の Url の文字形式返します。
参照参照

Url メンバ

ポリシー評価するための証拠として、コード アセンブリ発生元の URL を提供します。このクラス継承できません。

Url データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド Url コード アセンブリ発生元の URL を指定して、Url クラス新しインスタンス初期化します。
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ Value コード アセンブリ発生元の URL を取得します。
パブリック メソッドパブリック メソッド
  名前 説明
パブリック メソッド Copy 証拠オブジェクト新しコピー作成します。
パブリック メソッド CreateIdentityPermission Url 証拠クラス現在のインスタンスに対応する ID アクセス許可作成します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 現在の URL のハッシュ コード取得します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 現在の Url の文字形式返します。
参照参照

Uniform Resource Locator

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/21 21:26 UTC 版)

(URL から転送)

Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ、URL)または統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)は、インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並び。WWWをはじめとするインターネットアプリケーションにおいて提供されるリソースを、主にその所在を表記することで特定する。なお、ここでいうリソースとは(主にインターネット上の)データやサービスを指し、例えばウェブページ電子メールの宛先といったものがそうである。




「Uniform Resource Locator」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

URLに関連した本

URLに関係した商品

「URL」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「URL」の関連用語

URLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




URLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2014by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリURLの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.urlの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2014 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのUniform Resource Locator (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS