URLとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > URLの意味・解説 

URL

【英】Uniform Resource Locator
別名:ユニフォーム・リソース・ロケーター

WWWアドレス決めシステムで、すべてのインターネット・サービスのアドレス・スタンダードとして提唱されている。ウェブサイトアドレスはこの"URL"として知られていて、アクセス方法アクセスするべきサーバ、そしてアクセスできるディレクトリファイルへの道筋などの情報含まれる

URL uniform resource locator


URL

フルスペル:Uniform Resource Locator
読み方ユーアールエル

URLとは、インターネット上に存在する文書画像などの情報資源リソース)の場所を、特定、あるいは識別するための記述方式のことである。いわばインターネットにおける住所であるといえる

URLは、主にプロトコルサーバー、およびサーバー内のファイル所在ディレクトリファイル)についての記述構成される。形式としては「プロトコル名://ホスト名/ファイル名/」となる。

今やあまねく普及した感のあるURLの呼び名は、実のことろ公式な名称ではない。URLとは別にある程度永続性念頭に置かれたURNUniform Resource Name)という識別子がある(図書一般ISBN代表的URNである)が、このURLとURNとを含む上位概念としての「URI」が正式名称である。最近では、URLも徐々にURI呼び名移行されつつある。


.url

読み方ユーアールエル

.urlとは、Webページへのショートカット記載されたファイルに付く拡張子のことである。MicrosoftWebブラウザ「IntennetExproler」における「お気に入り」などで用いられる。


Url クラス

ポリシー評価するための証拠として、コード アセンブリ発生元の URL を提供します。このクラス継承できません。

名前空間: System.Security.Policy
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説

Url 証拠がある場合は、アクセス許可セット内に UrlIdentityPermission生成されます。UrlIdentityPermission に対して Demand呼び出された場合は、Publisher 証拠に対応する UrlIdentityPermission が、呼び出しによって要求されたアクセス許可比較されます。

プロトコル (HTTPHTTPSFTP) やファイル名を含む完全な URL が想定されます。たとえば、http://www.fourthcoffee.com/process/grind.htm は完全な URL です。

URL には、完全に一致する文字列、または最終位置ワイルドカード使用した文字列使用できます。たとえば、http://www.fourthcoffee.com/process/* はワイルドカード URL です。

継承階層継承階層
System.Object
  System.Security.Policy.Url
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Url コンストラクタ


Url プロパティ


Url メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

  名前 説明
パブリック メソッド Copy 証拠オブジェクト新しコピー作成します。
パブリック メソッド CreateIdentityPermission Url 証拠クラス現在のインスタンスに対応する ID アクセス許可作成します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 現在の URL のハッシュ コード取得します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 現在の Url の文字形式返します。
参照参照

Url メンバ

ポリシー評価するための証拠として、コード アセンブリ発生元の URL を提供します。このクラス継承できません。

Url データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド Url コード アセンブリ発生元の URL を指定して、Url クラス新しインスタンス初期化します。
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ Value コード アセンブリ発生元の URL を取得します。
パブリック メソッドパブリック メソッド
  名前 説明
パブリック メソッド Copy 証拠オブジェクト新しコピー作成します。
パブリック メソッド CreateIdentityPermission Url 証拠クラス現在のインスタンスに対応する ID アクセス許可作成します。
パブリック メソッド Equals オーバーロードされます。 オーバーライドされます。  
パブリック メソッド GetHashCode オーバーライドされます。 現在の URL のハッシュ コード取得します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToString オーバーライドされます。 現在の Url の文字形式返します。
参照参照

ブックマーク

(URL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/25 02:38 UTC 版)

ブックマーク (Bookmark) とは英語しおりのことを意味する。そこから転じてウェブブラウザに任意のウェブサイトURLを登録する機能の事を指す。

概要

登録することによって、登録したURLにマウスクリックだけで瞬時に移動可能になり、逐次ウェブブラウザのアドレス欄にURLを打ち込む必要がなくなるというメリットがある。俗にブクマとも呼ばれる。

史上初のグラフィカルなウェブブラウザであるNCSA Mosaicでは、この機能は「ホットリスト」(Hotlist) と呼ばれていたが、Netscape Navigatorが「ブックマーク」と命名したことから、同様の機能のことを一般的に「ブックマーク」と呼称するようになった。また、Internet Explorerの同様の機能は「お気に入り」(favorite) となっており、ブックマークの別の呼称として一般的に用いられることも多い。

macOSのウェブブラウザ、SafariではSpotlightの機能により、膨大なブックマークから目的のものをすばやく見つけ出すことができる。

もともとはウェブブラウザの機能だが、最近ではポータルサイトのサービスとして、登録ユーザー各自が自由にサーバ上にURLを登録できる「オンラインブックマーク」がある。このサービスを利用することで、自宅、職場、外出先など異なる環境でも自分が頻繁に行くウェブサイトに容易に行くことができるほか、パソコンのトラブル発生時にブックマークが消失することを避けるために、バックアップとして登録する例も多い。 また、他のユーザーとの間でブックマークを公開・共有することを主眼としたものは、とくにソーシャルブックマークと呼ばれる。

関連項目

  • ブックマークレット - ブックマークを登録する際にJavaScriptのコードを登録することで補助的な機能を付加できる
  • ライブブックマーク - Mozilla Firefoxに搭載された、ブックマーク一覧上でRSSの配信を受けることができる機能
  • ソーシャルブックマーク
  • ドッグイア - 出版・書籍関連用語で本のページを折り曲げてしおりの代用とすること。英語Dog earsDog-ear)での直訳である“”が折れ曲がっている様子からこじ付けて命名。日本における別称では角折れ(すみおれ)というのもある

Uniform Resource Locator

(URL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/30 13:07 UTC 版)

Uniform Resource Locator(ユニフォーム リソース ロケータ、URL)または統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)とは、インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並び。WWWをはじめとするインターネットアプリケーションにおいて提供されるリソースを、主にその所在を表記することで特定する。なお、ここでいうリソースとは(主にインターネット上の)データやサービスを指し、例えばウェブページ電子メールの宛先といったものがそうである。

ティム・バーナーズ=リー1991年に発表した論文[要文献特定詳細情報]でUniversal Resource Locatorと命名し、初期はその名が使われたが[1]、現在の正式名称はUniform Resource Locatorである。

URLを含む一般概念としてURIがある[2]

URLはリソースの場所を特定する「住所」のようなものだと例えられることがある。また、日本ではURLのことを「アドレス」と呼ぶことがあるが、これは、MACアドレスIPアドレスなどと紛らわしく、技術用語としては正確でない。

URLの形式

http: //ja.wikipedia.org /wiki/Wikipedia
パス名
ホスト名 ディレクトリ名を含む)
スキーム(プロトコル名ではない)

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia」は典型的なURLの一例である。URLはこのような特徴的な形式の文字列であり、WWWが普及した今日にあっては頻繁に目にするものである。

上のURLは「ウィキペディア日本語版の中にあるウィキペディアについて説明している項目」というリソースを特定する。

  • スキームhttpはこのリソース(項目)を入手する為にはHTTPを使うべきであることを表す。
  • ja.wikipedia.orgはこのリソースが保管されているホストを表すホスト名である。
  • 残りの/wiki/Wikipediaの部分は最終的にリソースを特定するための詳細である。ホストのファイルシステム内でのファイル名あるいはディレクトリ名に対応する場合が多いが、そうでない場合もある。
  • 大まかに言えば、上のURLは「ja.wikipedia.orgというコンピュータに接続してHTTPの決まり事に従って/wiki/Wikipediaという名前のデータを要求すれば目的の物が手に入る」と読むことができる。
  • なお、httpの後のダブルスラッシュ //の2文字は有意義に使われる機会が少ない。2009年10月、URLの提案者であるティム・バーナーズ=リーは「できることなら取り除きたい」と発言している[3]

一般形式

一般にURLは

(スキーム名):(スキームごとに定められた何かの表現形式)

という形をしている。スキーム名としてはプロトコル名が用いられていることが多いがそれに限らない。RFC 1738には次のスキーム名が定義されている。

  • ftp - FTPのためのスキーム
  • http - HTTPのためのスキーム
  • gopher - Gopherプロトコルのためのスキーム
  • mailto - 電子メールの宛先を表すためのスキーム
  • news - ネットニュース(Usenet)のためのスキーム
  • nntp - NNTPを使用したネットニュースのためのスキーム
  • telnet - Telnet接続を表すためのスキーム
  • wais - Wide Area Information Servers
  • file - ファイルシステムの中のディレクトリやファイルを参照するためのスキーム
  • prospero - Prospero Directory Service

IANAに登録されたスキーム[4]が公式に認められたスキームであると見なされており、上記の他に20あまりある。この他にもjavascriptスキーム(この後ろに書かれた内容がJavaScript言語によって書かれたスクリプトであることを示す)のように広く普及している非公式なスキームもある[5]

URLの、スキーム名以降の部分はスキームごとに定められた規則に従う。例えば、電子メールの宛先を表すmailtoスキームのURLの場合、

mailto:example@example.com

のようになっており、先に挙げたhttpスキームの例とは大きく異なっている。

httpやftpのような特定のホストにIP接続する類のスキームでは次のような共通の形式が使われている。

//<user>:<password>@<host>:<port>/<url-path>
  • <user> - ホストに接続するときに使うユーザー名。必要がなければ省略可。
  • <password> - ユーザー名に対応するパスワード。必要がなければ省略可。
  • <host> - ホスト名FQDNまたはIPアドレス
https://192.168.10.2/ <-- IPv4の場合
https://[fe80::a1b3:125d:c1f8:4781]/ <-- IPv6の場合
  • <port> - 接続先ポート番号。ホストのどのポートに接続するかを表す。スキームがデフォルトのポート番号を規定している場合は省略してもよい。
  • <url-path> - ホストに要求するパス。ホストのファイルシステムにおけるパスと対応する場合が多いが、そうでない場合もある。必要がなければ省略可。

標準

WHATWGURL Living Standardを策定している。これは、RFC 3986やその他URLに関係するRFCを置き換える標準仕様である。ただし、cURL作者のDaniel Steinbergはこれについても不十分という意見を発している[6]

RFC

URLに関連するRFC(およびその邦訳)には次のものがある。

RFC 1983による"address"の語釈は次の通り(プレーンテキストの原文に太字の効果を付与し、1行文字数などの体裁を調整)。

There are four types of addresses in common use within the Internet. They are email address; IP, internet or Internet address; hardware or MAC address; and URL. See also: email address, IP address, internet address, MAC address, Uniform Resource Locator.

先頭の2文の大意は、「インターネットにおけるアドレスには主に4種類ある。電子メールアドレス、IPアドレスMACアドレス、そしてURLである」となるが、参考までに、TR X 0055:2002による訳を次に引用する(太字は引用者)。

インターネット(the Internet)内部で共通に使用するアドレスには4つの型がある。それらは、電子メールアドレス、IPアドレス又はインターネットアドレス、ハードウェアアドレス又はMACアドレス、及びURLとする。"2.147 email address"、"2.252 IP address"、"2.229 internet address"、"2.287 MAC address"及び"2.479 Uniform Resource LocatorURL)"も参照すること。

W3C Documents

W3Cが発行しているURLについての文書には次のものがある。

  • URL (2017年、ワーキンググループノート): WHATWG URL Standardのスナップショットとなっている。

パーマネントリンク

パーマネントリンク (permanent link) とは恒久的なURLのこと。パーマリンク (permalink) と略されることも多い。主にコンテンツマネージメントシステム、とりわけブログツールにおいて、個々の記事へのURLが更新作業を繰り返しても変わらないしくみを意味する。一般的に、URLは永久に変化しないことが好ましい[7][8]

特定の記事あるいはウエブページに対する直接リンク(直リンクとも呼ばれる)が増大するにつれ、一方でデッドリンクリンク切れ、無効なURL)の大量発生も大きな問題となっている。そのような事態を避けるためコンテンツの更新作業が行われ、なおかつ更新履歴が保存されるシステムにおいて、有効なコンテンツへのURLが変動しないように、データへの参照番号などを固定化するとともに参照方法を簡略化し、URLが冗長にならないことが望ましいとされる。

そのための特殊な手法としてApacheウエブサーバの場合、mod_rewriteを使ってURLを書き換える、PATH_INFOからパラメータを取得してプログラムを動作させるなどがある。特にmod_rewriteの場合は、PHPによる動的コンテンツを静的なhtmlコンテンツに見せかけることが容易にできてしまう。またPATH_INFO方式の場合は動的コンテンツをサブディレクトリに見せかけることができる。このほかいわゆる携帯サイトではURLを短縮化する様々な工夫が施されるようになっている。いずれにしてもURLのみならずオリジナルのファイル拡張子を隠蔽することで、スクリプトを画像や音楽ファイルのように装うなど悪用のおそれもあるので、ホスティングサーバにおいては利用が制限されるケースが多い。

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

URLに関連した本

「URL」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「URL」の関連用語

URLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Nokia E7

AQUOS PHONE slider

Microsoft PixelSense

IdeaPad S10e

レグザタブレットAT570

Windows 2000

セガサターン

ALIENWARE Aurora





URLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリURLの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.urlの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2017 Microsoft.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブックマーク (改訂履歴)、Uniform Resource Locator (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS