豊後国風土記とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 歴史的書籍 > 日本の書籍 > 風土記 > 豊後国風土記の意味・解説 

ぶんごのくにふどき 【豊後国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻732年以降編述豊後国八郡のぶんの抄本が残る。

豊後国風土記

読み方:ブンゴノクニフドキ(bungonokunifudoki)

古代地誌

別名 豊後風土記


豊後国風土記

主名称: 豊後国風土記
指定番号 2395
枝番 00
指定年月日 1982.06.05(昭和57.06.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 永仁五年貳月十八書写奥書
員数 1帖
時代区分 鎌倉
年代 1297
検索年代
解説文:  奈良時代に撰上された『豊後国風土記』の鎌倉時代書写本である。縦長粘葉装現状は各離れして大和仮綴となっている)で、本紙同質表紙左肩に「豊後国」の外題がある。内容豊後国国名由来や、各郡・郷・里・駅・烽【のろし】・寺の数、郡名の由来、および郷名・山川原野の地名起源などを記している。帖末には永仁五年二月十八日書写および同十九日の一交奥書があって、本帖の書写年紀明らかにしている。従来『豊後国風土記』は江戸時代写本唯一の伝来とされてきたが、本帖はその親本に当り、『肥前国風土記』(一帖)『播磨国風土記』(一巻)(いずれも国宝)につぐ風土記古写本として価値が高い。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  謡本  謡本  讃岐入道集  豊後国風土記  豊浦宮法楽和歌  貞元華厳経  貞元華厳経音義

豊後国風土記

読み方:ブンゴノクニフドキ(bungonokunifudoki)

分野 地誌

年代 奈良時代

作者 編者未詳


豊後国風土記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/15 06:32 UTC 版)

豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)は、奈良時代初期に編纂された豊後国(ほぼ現在の大分県に相当)の風土記である。現存する5つの風土記のうちのひとつ。


  1. ^ 『豊後国風土記』研究史序論 (PDF) 西別府元日、「大分縣地方史」第155号1-20ページ
  2. ^豊後国志』の編者として知られる。一名、唐橋世済。


「豊後国風土記」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「豊後国風土記」の関連用語

豊後国風土記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




豊後国風土記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2014 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豊後国風土記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS