水圧破砕法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 水圧破砕法の意味・解説 

フラクチャリング

別名:フラクチャリング法ハイドロフラッキングハイドロフラッキング法ハイドロフラクチャリングハイドロフラクチャリング法ハイドロリックフラクチャリングハイドロリックフラクチャリング法水圧破砕、水圧破砕法、水理破砕水理破砕法弾性破砕弾性破砕法
英語:fracturing

岩石粉砕し、地層亀裂フラクチャー)を生じさせることで、石油天然ガスなどの流路確保し、収率増加させる手法のこと。坑井刺激法一つ含まれる。フラクチャリングは近年シェールガスシェールオイル採取実現する手法としての側面重視されるようになった

フラクチャリングの手法は19世紀ら行われており、初期にはニトログリセリンなどを用いて単純に破砕する方法が行われていたが、のちに坑井内部を高粘度流体で満たし、そこに高圧をかけて破砕するという方法確立された。生じた亀裂中にプロパントよばれる支持材を埋め込むことで、亀裂閉塞妨げ流路保存する仕組みになっているまた、坑井を酸で満たすことで、高圧だけでなく酸による岩石溶解効果期待する手法もあり、「アシッド・フラクチャリング」などと呼ばれている。

フラクチャリングは従来実施コストが高く、効果予測不確実という欠点があった。しかし、坑井表面積大きくして効率性高める「水平坑井」の掘削技術や、地下における水圧破砕効果観測できる「マイクロサイズミック」の技術進歩したことに伴いコスト減少実現した。これによりシェールガス採取採算性飛躍的に向上し、「シェールガス革命」として言及されるまでになった。2007年には、世界のフラクチャリング市場規模128億円に達し、そのほとんどを米国カナダ占めた

関連サイト
水圧破砕技術の歴史とインパクト - JOGMEC

水圧破砕法


フラクチャリング

読み方ふらくちゃりんぐ
【英】: fracturing
同義語: 水圧破砕法  

坑井内に高い圧力加えて採収層に割れ目フラクチャー)を作り、その中に砂などの支持材を充填じゅうてん}することによりその閉塞へいそく}を防ぎ、採収層内に非常に浸透性の高いチャンネル油・ガス通り道)を形成することによって、生産性障害からの回復および低浸透率層の流動性改善を図り、生産能力向上させることを目的とした坑井刺激法一つである。
水圧破砕法ともいう。割れ目地上から坑井内を通して粘性流体圧入することによって生成されるが、地層内の垂直および平方向の応力分布の関係から、一般に深度がごく浅い所では平方向に生成されやすく、油・ガス層の多く存在する深い深度では垂直な割れ目生成されやすい。フラクチャリングの効果高めるためには、圧入流体および割れ目保持する支持材の選定極めて重要である。圧入流体ベース、油ベースエマルジョン各種タイプが用いられるが、十分な割れ目作りかつ支持材を運搬し得る大きな粘度を持つことが必要であり、いろいろな薬品混入することにより、所定性状作り出している。支持材としては一般に砂が用いられるが、割れ目閉そく圧に十分耐える強度持ち、その部分浸透率を高く保つため、球状かつ粒径そろっていることが要求される。

水圧破砕法 Hydraulic Fracturing

坑井刺激法一種で,油層高圧液体圧入して岩石破砕割れ目フラクチャリング)を作り同時に送り込んだ粒径の揃った粗い砂粒などの保持材(ブリッジングマテリアル)により,割れ目が塞がるのを防止する。低浸透率砂岩層を対象実施される場合が多い。
水圧破砕法
分野 一般掘削用語2
同義語
関連用語 酸処理, 坑井刺激法
類似語
略語
水圧破砕法




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

水圧破砕法に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水圧破砕法」の関連用語

水圧破砕法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




水圧破砕法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2014, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会

©2014 Weblio RSS