WE the PEOPLE WE the PEOPLEの概要

WE the PEOPLE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 03:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
We the People
URL petitions.whitehouse.gov
使用言語 英語
タイプ 政府サイト
運営者 アメリカ合衆国政府
設立者 オバマ政権英語版
営利性 なし
登録 必須
設立日 2011年09月22日
現状 運用中
ライセンス
パブリックドメイン
プログラミング言語 Drupal 7
IPアドレス 23.206.248.110

概要

2011年9月、バラク・オバマ政権の「開かれた政府」の目玉政策としてホワイトハウスが開設[1]。13歳以上なら居住地や国籍に関係なく署名できる[2]。署名が開始から30日以内に10万を超えれば、米政府は何らかの回答をする規定[3]。米政府に請願する権利合衆国憲法修正第一条に定められている[2]

外部リンク


  1. ^ 米国政府の請願サイト「ウィー・ザ・ピープル」とは”. news.tv-asahi.co.jp. テレビ朝日 (2018年12月20日). 2019年2月20日閲覧。
  2. ^ a b STOP辺野古工事 米大統領に届け 「署名を」沖縄ルーツ ハワイの4世” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 東京新聞 (2018年12月17日). 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ 埋め立て停止の請願10万超 米政府へ署名、目標上回る” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 日経新聞 (2018年12月18日). 2019年2月20日閲覧。


「WE the PEOPLE」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

WE the PEOPLEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



WE the PEOPLEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWE the PEOPLE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS