紛争鉱物とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 紛争鉱物の意味・解説 

紛争鉱物

読み方:ふんそうこうぶつ
別名:コンフリクトミネラル
英語:conflict minerals

紛争地域において産出され、鉱物購入することで現地武装勢力資金調達つながり結果として当該地域紛争加担することが危惧される鉱物総称。特に、コンゴおよびコンゴ接する国々で採掘される、スズ・タンタル・タングステン・金の4種の鉱物を指す。

紛争鉱物は、その採掘過程において武装勢力グループ関与しており、取引高一部武装勢力流れる。結果として武装勢力が力を蓄え掠奪暴力助長する要因となっているとされる

紛争鉱物は、米国2010年7月成立した「金融規制改革法」において指定された。金融規制改革法成立により、米国の上企業には、該当地域から調達した鉱物使用状況報告する義務が課せられた。
紛争鉱物として指定されているスズtin)・タンタルtantalum)・タングステンtungsten)・金(gold)は、総称して「3TG」とも呼ばれるそれぞれコンピュータ部品製造などに必要な鉱物資源であり、先進国での需要が高い。

紛争鉱物の産出国として指定されている国は、コンゴ、および、アンゴラザンビアタンザニアウガンダ南スーダンルワンダ中央アフリカ共和国コンゴ共和国ブルンジの計10ヵ国である。

金融規制改革法米国法律であるが、米国証券取引所上場している日本企業対象となる。2013年4月現在、日本国内では法律上規制義務などは特に課されていないが、電子情報技術産業協会などが中心となって責任ある鉱物調達取り組み推進している。

関連サイト
米国の紛争鉱物開示規制 - 経済産業省
紛争鉱物問題に関して - 一般社団法人 電子情報技術産業協会責任ある鉱物調達検討





ふんそう‐こうぶつ〔フンサウ‐〕【紛争鉱物】

アフリカなどの紛争地域採掘され、武装勢力資金源となっている鉱物資源。特に、コンゴ民主共和国とその周辺国で産出されるスズ・タンタル・タングステン・金をいう。コンフリクトメタル。


紛争鉱物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 09:13 UTC 版)

紛争鉱物(ふんそうこうぶつ)とは重大な人権侵害を引き起こす内戦紛争戦争によって武装勢力や反政府組織の資金源となっている鉱物のこと。




「紛争鉱物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紛争鉱物」の関連用語

紛争鉱物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



紛争鉱物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紛争鉱物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS