多田銀銅山とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 多田銀銅山の意味・解説 

多田銀銅山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 02:18 UTC 版)

多田銀銅山(ただぎんどうざん)は、旧摂津国、現在の兵庫県川西市猪名川町および大阪府池田市の広範囲にわたり坑道が開堀されてきた銀山鉱山遺跡である[1]。2015年10月7日、「多田銀銅山遺跡」として国の史跡に指定された[2]


  1. ^ 国史跡「多田銀銅山遺跡」/猪名川町”. www.town.inagawa.lg.jp. 2021年2月7日閲覧。
  2. ^ 多田銀銅山遺跡 文化遺産オンライン”. bunka.nii.ac.jp. 2021年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 国指定文化財等データベース”. kunishitei.bunka.go.jp. 文化庁. 2021年2月7日閲覧。
  4. ^ 発端は税務署員の投稿?-20兆円超の「豊臣秀吉埋蔵金」とはdot・週刊朝日記事(2016/11/29)
  5. ^ 小葉田淳 『日本鉱山史の研究』 岩波書店1968年


「多田銀銅山」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  多田銀銅山のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

多田銀銅山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多田銀銅山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多田銀銅山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS