ピンク シャーベットとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > ピンク シャーベットの意味・解説 

ピンク シャーベット【ピンク シャーベット】(草花類)

登録番号 第6418号
登録年月日 1998年 5月 22日
農林水産植物の種類 ゆり
登録品種の名称及びその読み ピンク シャーベット
 よみ:ピンク シャーベット
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 株式会社花の大和
品種登録者の住所 奈良県山辺郡山添村大字三ヶ谷446番地
登録品種の育成をした者の氏名 八木聡明
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は,シンテッポウユリに「越路紅」を交配して育成されたものであり,花はやや大輪の灰ピンク色で,切り花及び花壇向き中生種である。  草丈130㎝以上,直径は10.0~14.9上部の色は淡緑中部の色は淡緑及び褐,下部の色は緑及び褐,毛じは有,節間長は10~19である。葉序3/8全体の形は狭披針形,ねじれは無,幅は10~19葉長は16~20光沢は有,数はやや多,着生角度は30~59゚である。つぼみの形は型,花の向き6089゚,花房形状散形花序全体の形はスカシユリ型である。花径150179内花被の幅は4049長さは9~12外花被の幅は30~39長さは12~15である。花色花弁基部は淡紫ピンクJHS カラーチャート9702),地色及び縁部は灰ピンク(同0417),中肋部はピンク(同0411),裏面は紫ピンク(同9711)である。内花被の1斑点の数は70以上,外花被は30~39,つぼみの色は穏紫ピンク(同9712),内花被の形は型,外花被の形はⅠ型,内花被先端形状型,反転程度Ⅴ型外花被先端形状型,反転程度型,花被のねじれは1/8未満花被上の乳状突起は無である。花糸の色は黄,花粉色は赤褐,第1花梗長さ90119花梗太さは中,色は緑,花梗への着生は有,第1花梗向きは30~59゚,1花茎の花数はやや多,花の香りは弱,開花期は中である。  「ヴィヴァルディ」及び「トスカーネ」と比較して,花弁地色が灰ピンクであること,内花被の形が型であること,外花被の形がⅠ型であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は,昭和61年育成者のほ場(山梨県北巨摩郡小淵沢町)において,シンテッポウユリに「越路紅」を交配して胚培養行い開花した個体の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し,平成5年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピンク シャーベット」の関連用語

ピンク シャーベットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピンク シャーベットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2020 Weblio RSS