ジャズ体操とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 体操 > ジャズ体操の意味・解説 

ジャズ体操

歴史と沿革

ジャズ体操は、1962年考案されました。創始者であるモニカ・ベックマンは、「ジャズ体操とは、体操根本理念のっとり音楽としてのジャズ運動の形としてのジャズ基礎をおくものである」と定義づけています。
日本にジャズ体操を紹介したのは、現在「全日本自然運動連盟主宰佐藤正子氏です。現代的音楽用いて身体運動にとって非常に有用なジャズ技法大きな特徴である『孤立運動と多中心性』を、体操原理に基づいた運動のなかに調和させ、体操として体系化したのです。


ジャズ体操と音楽

ジャズ体操の基本となる構成要素以下の通りです。

1. ジャズ技法
孤立運動と多中心性の運動
2. 自然運動
重力に従った落下運動重力打ち勝つ筋力人体法則に従った力学的・物理的運動振り、はずみ、緊張弛緩
3. リズム
空間感覚時間感覚エネルギー感覚方向、距離、速さ動き強度

ジャズ体操は、音楽リズム運動互いに相応しあうことで、より効果的運動をすることができます音楽リズム運動の基礎リズムを“はずみ”で表現することを通して、よりリズミカル音楽身体適合できます。これが「ジャズ体操は楽しい」と実感できる大切な要素となり、子どもからシニアまで生涯にわたって続けることのできる体操となります。
生命力のある美し動きは、一つひとつの動きが無理なく流れ音楽のなかで活かされています。また、音楽のなかでビート感じとり、体を反応させていくことで感性が磨かれていきます。これは、ジャズ技法アフリカ民族舞踏起源している所以でもあります


ジャズ技法の特徴

孤立運動と多中心
細部分けられた部位それぞれに動き中心があり、それぞれの部位孤立して動き同時に部位が動かされ、動き中心多く持っていることです。

移動と低い姿勢
ひざを曲げて身体を低い位置におき、安定した状態を保つことで多様な動き変化に対応できます

対抗運動とひねり
体の各部位が互いに対抗して動き反対方向に力が働きます。部位部位がひねられるという現象も起きます。

参考文献佐藤正子著「ジャズ体操」成美堂出版






ジャズ体操と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジャズ体操のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャズ体操のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2021 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2021 GRAS Group, Inc.RSS