ジェットスポーツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > ジェット > ジェットスポーツの意味・解説 

ジェットスポーツ(水上バイク)

歴史と沿革

1973 年夏、アメリカ世界初水上オートバイ現れました。この水上オートバイカワサキ社製の“ジェットスキー”で、同年発動機付きボートとしてUSCG米国沿岸警備隊)により承認されました。さっそく川崎重工業明石工場で、主にアメリカ向けに量産開始その後エンジン性能改善したモデル次々と開発生産されました。

アメリカで「一体になって楽しめる乗り物」としてすぐに競技として発展し、1978年には国際ジェットスキー協会(IJSBA)が設立されました。その後1992年国際ジェットスポーツ協会(IJSBA)に名称が変更されました。

日本では1980年カワサキ社がJS440というモデル日本小型船舶検査機構JCI)の予備検査取得し、本格的国内生産販売始まりました。その後1987年カワサキ社がJS650を、1990年ヤマハ社がMJ650TXを発表した頃から、スズキ社のスティンガージェットや「SEADOOヤマハなど各メーカー関連団体ワンメイクレース参加艇を同一メーカー同一機種限定したレース)を開催するようになりました。

競技普及につれ、さまざまな機種一堂に会したレースへの要望も高まりました。こうした状況を受け、1992年6月日本ジェットスポーツ連盟JAPAN JET SPORTS FEDERATION(略称JJSF)」が発足。どのメーカーに対して中立立場で、機種こだわらない排気量別の統一ルール作成し、レース運営するようになりました。

JJSFまた、国際ジェットスポーツ協会(IJSBA)とも連携取りながら、国内ルール制定改正選手レース艇の登録管理も行っています。さらに、排気音低減対策や鉛、MTBE(*)など使用燃料制限など、環境保全対策並びに競技会安全対策日常活動マナー向上などに関わる普及啓発活動努めています。

(*)MTBEメチルターシャリーブチルエーテル発がん性があるとされるエーテル有機化合物


競技方法

競技参加するには、小型船舶操縦免許取得したのち、講習会経てJJSFのレーシングライセンスを取得する必要があります

競技は以下のふたつに大別されます。
競技別に選手クラスは、技量により上からプロ級、A級、B級の順に分かれ、またマシン形状などにより、カテゴリー分かれています。各大会取得ポイント合算した年間ポイントにより年間順位決定し、翌年昇格者、降格者を決定します。

ルール


道具・コース

クローズドコース競技

フリースタイル競技



ジェットスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/10 06:41 UTC 版)

ジェットスポーツ(Jet Sports)とは、水上オートバイを用いる競技モータースポーツ)である。各競技団体で内容が異なる。




「ジェットスポーツ」の続きの解説一覧



ジェットスポーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェットスポーツ」の関連用語

ジェットスポーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジェットスポーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェットスポーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS