ジョイアスロンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > アスロン > ジョイアスロンの意味・解説 

ジョイアスロン

歴史と沿革


ジョイアスロンは、「トライアスロン」の「3」を意味する「トライ」を、「Try (挑む)」と読み替え、それを「Joy (楽しみ)」にしたスポーツです。

元々、1968年ドイツ誕生した「勝ち負けを競わないスポーツ市民スポーツ」の推進団体である国際市民スポーツ連盟International Volkssport Verband)が、ウオーキング水泳水中ウオーキング)・サイクリング歩くスキーの4種目で、世界共通の個人記録認定回数合計距離)を行っており、世界36の国と地域加盟し、活動しています。日本では、日本市民スポーツ連盟組織され、国内行事個人記録認定を行っております

ジョイアスロンは、国際市民スポーツ認定種目である「スイミング」と「サイクリング」がトライアスロン重なり、「ウオーキング」がランニングおきかえられることで、「タイム記録を競わずに、それぞれを楽しむ3種目」として誕生したものです。


競技方法


基本的にウオーキング10km、水泳300mサイクリング25kmとしていますが、タイム測定順位付けは行わず、「種目ごとに日にち分けて開催」する場合や「寄り道休憩が可能」とし、運営上「定められた時間枠内スタートし、定められた時間までにゴールすれば良し」として運営されます。

また、会場参加年齢によって距離の変更にも柔軟性を持って対応し、競技としての決まりごとより、「無理をせず、楽しむこと」「季節風景参加者同士ふれあい」に重点がおかれています。記録順位表彰はなく、代わりに参加通算回数顕彰するなど、「競わない/誰でも楽しめる」点に重点が置かれることから、普段運動習慣のない方や年齢の高い方、家族で楽しみたい方などから支持されています。

ウオーキング大会併催されることも多く2009年には富士山麓行われた「第11IVVオリンピアード23ヶ国から、4日間でのべ26,401人が参加)」でも開催されました。






ジョイアスロンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジョイアスロン」の関連用語

ジョイアスロンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジョイアスロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2021 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2021 GRAS Group, Inc.RSS