個人記録とは? わかりやすく解説

個人記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 14:23 UTC 版)

ティム・ダンカン」の記事における「個人記録」の解説

最多得点53得点(対 ダラス・マーベリックス2001年12月26日最多リバウンド27本(対 アトランタ・ホークス2010年1月27日最多ブロック:9(対 メンフィス・グリズリーズ2007年1月26日) 最多アシスト11(2回) 最多スティール:8(対 デンバー・ナゲッツ2000年2月9日) 最多フリースロー成功17本(対 ユタ・ジャズ2002年1月17日) 最多出場時間52分(対 サクラメント・キングス1999年4月27日) ファイナルMVP3回以上受賞するという偉業マジック・ジョンソン3回)とマイケル・ジョーダン(6回)、シャキール・オニール3回)に続き史上4人目快挙デビューから2010年までオールNBAチームとオールディフェンシブチームの両方選出され続けている。13年連続史上最多2位記録7年連続デビッド・ロビンソン入団以来8年連続オールNBA1stチーム選出された5人目選手残りエルジン・ベイラー10年連続)、ボブ・ペティット10年連続)、ラリー・バード9年連続)、オスカー・ロバートソン9年連続)の4人。2005-06シーズンには故障抱えたままでのプレイ続いたため1stチームには選出されず、この記録途絶えたが、翌シーズンには復調し返り咲いた

※この「個人記録」の解説は、「ティム・ダンカン」の解説の一部です。
「個人記録」を含む「ティム・ダンカン」の記事については、「ティム・ダンカン」の概要を参照ください。


個人記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 04:21 UTC 版)

礒谷幸始」の記事における「個人記録」の解説

2003年 5試合92412ヤード タッチダウン3 2004年 4試合56225ヤード タッチダウン0 2005年 5試合59350ヤード タッチダウン2 2006年 5試合66366ヤード タッチダウン2 2007年 4試合40257ヤード タッチダウン7 この項目は、スポーツ関係者関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル スポーツ/プロジェクト スポーツ人物伝)。

※この「個人記録」の解説は、「礒谷幸始」の解説の一部です。
「個人記録」を含む「礒谷幸始」の記事については、「礒谷幸始」の概要を参照ください。


個人記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:59 UTC 版)

スポーツに関する日本一の一覧」の記事における「個人記録」の解説

通算出場試合数 - 遠藤保仁2020シーズン第2節632試合出場記録。) 連続試合出場 - 曽ヶ端準244試合連続)※フィールドプレイヤーとしては中澤佑二199試合 連続試合フルタイム出場 - 曽ヶ端準244試合連続)※フィールドプレイヤーとしては中澤佑二178試合 最年長出場選手 - 三浦知良54歳12日最年少出場選手 - 久保建英15歳5か月1日)※J3J1での記録森本貴幸15歳10か月6日 最長バンディエラ - 曽ヶ端準鹿島アントラーズ1998年入団から2020年までの23シーズン所属していた。(連続して同じクラブ所属していたフットボーラーとしては、世界1の在籍年数を誇る) 同一クラブ監督連続在任期間最長 - 西野朗ガンバ大阪2002年-2011年10シーズン) 同最短 - ナドベザ・ペーターセレッソ大阪2004年病気により来日前に契約解除)※試合采配を振るったものとしてはフアド・ムズロビッチの3試合セレッソ大阪2004年)、 ミルトン・メンデスの3試合柏レイソル2016年家庭の事情による) 通算得点 - 佐藤寿人2020年終了時点220得点シーズン得点 - 中山雅史36得点/27試合1998年新人シーズン最多得点 - 渡邉千真13得点/34試合2009年)、武藤嘉紀13得点/33試合2014年1試合得点 - マイケル・オルンガ(8得点)※J2J1での記録野口幸司エジウソン中山雅史呂比須ワグナーの5得点 連続試合得点 - 岸田和人(9試合)※J3J1での記録フリオ・サリナスの8試合2017年終了現在) 連続シーズン得点記録 - 遠藤保仁1998年 - 現在2021年)まで24年連続開幕節からの連続試合得点 - 森島寛晃(7試合1998年最速得点 - 岩上祐三(7秒)※J2J1での記録佐藤寿人の9秒 最年長得点 - ジーコ41歳3か月12日)※J2での記録三浦知良50歳と14日ギネス世界記録掲載 最年少得点 - 久保建英15歳10か月11日)※J3J1での記録森本貴幸15歳11か月28日J2での記録河野孝汰16歳11か月17日 通算ハットトリック - ウェズレイ(8回) 連続試合ハットトリック - 中山雅史(4試合)※2016年11月までギネス世界記録保持者 最速ハットトリック - 眞中靖夫3分最年長ハットトリック - ジーコ40歳74日) 最年少ハットトリック - 唐山翔自16歳11か月8日)※J3 通算FK得点 - 中村俊輔24得点)(2018年終了時点通算PK得点 - 遠藤保仁31得点)(2018年8月24日現在) 1試合PK得点 - 藤田俊哉(3得点)※唯一のPKハットトリック 通算退場数 - ドラガン・ストイコビッチ13回。監督としてを含めると15回) 最速退場 - 菅原智(9秒)※J2 連続無失点 - ミッチェル・ランゲラック(823分) 年間最多完封 - ミッチェル・ランゲラック(21防御率 - アルノ・ヴァンズワム(0.89)

※この「個人記録」の解説は、「スポーツに関する日本一の一覧」の解説の一部です。
「個人記録」を含む「スポーツに関する日本一の一覧」の記事については、「スポーツに関する日本一の一覧」の概要を参照ください。


個人記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 04:00 UTC 版)

アルビレックス新潟の年度別成績一覧」の記事における「個人記録」の解説

リーグ戦に限る2019年シーズン終了時最多試合出場 本間勲 316試合J1 255試合J2 61試合)2000-2014・2017 最年少試合出場 J1: 宮崎幾笑 17歳9ヶ月21日 2015年11月7日 J12nd16湘南ベルマーレJ2: 本間至恩 18歳1ヶ月6日 2018年9月15日 J2第33節 ツエーゲン金沢最年長試合出場 J1: 小澤英明 37歳14日 2012年3月31日 J1第4節 ガンバ大阪J2: 野澤洋輔 40歳15日 2019年11月24日 J2第42節 V・ファーレン長崎通算最多得点 エジミウソン 通算62得点J1 62得点J2 0得点)2004-2007 最多連続試合出場 野澤洋輔 99試合J2時代を含む) 2002年3月30日 J2第6節 モンテディオ山形戦-2004年8月14日 J12nd第1節 東京ヴェルディ1969戦 なお、2002-03シーズン京都パープルサンガレンタル移籍していた鈴木慎吾は、京都在籍時を含めると2001年11月6日 J2第42節 山形戦か2005年4月28日 J1第8節 清水エスパルス戦まで、J1J2リーグ101試合連続出場している。 最多連続得点試合 エジミウソン 5試合 2005年8月20日 J1第19節 ガンバ大阪戦-2005年9月10日 J1・第23セレッソ大阪エジミウソン 5試合 2007年10月8日 J1第28節 大宮アルディージャ戦-2007年11月18日 J1・第32横浜FC鈴木慎吾 5試合 1999年8月1日 J2第19節 FC東京戦-1999年8月29日 J2・第23大宮アルディージャシーズン最多得点 J1: 川又堅碁 23得点 2013年 J2: マルクス 32得点 2003年 最年少得点 J1: 田中亜土夢 18歳6ヶ月6日 2006年4月8日 J1第7節 ヴァンフォーレ甲府J2: 本間至恩 18歳1ヶ月6日 2018年9月15日 J2第33節 ツエーゲン金沢最年長得点 J1: 山口素弘 35歳9ヶ月26日 2004年11月23日 J12nd14横浜F・マリノスJ2: 神田勝夫 36歳5ヶ月4日 2002年11月24日 J2・第44節 水ホーリーホックまた、桑原裕義2005年8月20日J1リーグ第19節ガンバ大阪戦で33歳8ヶ月19日リーグ戦244試合目での初ゴール記録した。これはGK除いた選手のJリーグ最遅得点記録であった

※この「個人記録」の解説は、「アルビレックス新潟の年度別成績一覧」の解説の一部です。
「個人記録」を含む「アルビレックス新潟の年度別成績一覧」の記事については、「アルビレックス新潟の年度別成績一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「個人記録」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「個人記録」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

個人記録のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



個人記録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのティム・ダンカン (改訂履歴)、礒谷幸始 (改訂履歴)、スポーツに関する日本一の一覧 (改訂履歴)、アルビレックス新潟の年度別成績一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS