コロモジラミとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > 衛生昆虫 > コロモジラミの意味・解説 

ころも‐じらみ【衣×虱】

ヒトジラミ亜種。体は淡黄色または白色体長は約3.5ミリ。人の衣類に覆われた部分寄生発疹(ほっしん)チフス回帰熱などを媒介する。きものじらみ。


衣蝨

読み方:コロモジラミ(koromojirami)

ヒトジラミ科の昆虫


コロモジラミ


コロモジラミ


コロモジラミ

この害虫属する群
屋内吸血・刺咬する(2) シラミ
形態
 ものにしがみつくように脚が発達し、翅が退化して寄生活動特化した昆虫ヒトジラミPediculus humanus LINNEの内、アタマジラミ体長は、雄が2.3mm、雌が3.3mmで、乳白色斑紋がある。コロモジラミは、雄が3.1mm、雌が3.5mmで、乳白色
 ケジラミPthirus pubisLINNE)は体長1.5mm内外で、カニのような形状をしている。
分布
 人間が住むところ、この分布する可能性がある。 日本国でも、外国旅行現地居住者接触した人や、外国人付着して国内持ち込まれるケースがしばしばあり、突発的発生が生じている。
被害
 取り付かれると吸血される被害がまず第一にあげられるが、伝染病媒介者としても重要である。 コロモジラミは、発疹チフス塹壕熟(五日熱)・回帰熱再帰熟)を媒介する。発疹チフス塹壕熟はリケッチアが、回帰熟はスピロヘータ病原体である。
生態
 外部寄生虫であるシラミ類は、種類により寄生する相手決まっており、猫につくシラミが人につくことはない(種特異性が高い)。不完全変態で翅はなく、幼虫成虫雌雄区別なく一生通じて吸血する。
 アタマジラミ頭髪(まれに眉毛)に、コロモジラミでは衣服縫い目折り目産み付ける。卵は白色で、産卵部位粘着液でしっかりと膠着されている。孵化後した幼虫はそこで吸血発育する。コロモジラミは長期間渡って洗濯せずに着続けた衣服中に潜り込んで生活し、アタマジラミ長期間入浴洗髪しない頭髪体毛取り付いて生活する。 一回吸血時間1520分で、吸血量は1~2mgである。雌成虫は、1日に5~8個、生涯には300個の卵を産む。コロモジラミ、アタマジラミの卵は、30では6~7日孵化し、幼虫期間は15日ほどで、3回目の脱皮成虫になる。雌は、羽化3日日から産卵開始し、成虫寿命は1~1.5ヶ月である(安富梅谷1995)。
 ケジラミ陰毛産卵する。ケジラミ生育期間は卵期約1週間幼虫期約2週間成虫になり、成虫寿命1ヵ月弱である(安富梅谷1995)。

衣蝨

読み方:コロモジラミ(koromojirami)

ヒトジラミ科の昆虫

学名 Pediculus humanus corporis




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コロモジラミ」の関連用語

コロモジラミのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コロモジラミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立感染症研究所国立感染症研究所
Copyright: Department of Medical Entomology, NIID
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2021 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS