かりゆしとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > かりゆしの意味・解説 

かりゆし

 「かりゆし」とは、沖縄の方言で縁起が良いことやめでたいこと意味する表現

「かりゆし」とは・「かりゆし」の詳しい解説

「かりゆし」とは、漢字では「嘉利吉」と表記される沖縄方言。「めでたい」「縁起が良い」「幸多かれ」ということ意味する自然と調和という意味も含む。また、沖縄などで夏に着用されるかりゆしウェア」を略して「かりゆし」と呼ぶ

「かりゆし」の語源・由来

「かりゆし」は、船出をする時に無事を祈るため、水の中でも沈まない軽石」に例えた歌で送り出したことに由来する転じて「めでたい」「縁起が良いという意味として用いられるようになったと言われている。また、貝が貨幣として用いられていた時代に、波に運ばれてくる貝が波打ち際寄せてくることはとても縁起が良いことであった。貝が寄せてくることが訛り「かりゆし」になったという説もある。

「かりゆし」と「アロハ」の違い

アロハシャツ」の「アロハ(Aloha)」には、「好意」「愛情」「慈悲」「思いやり」「挨拶」などの意味があり、ハワイ渡った日本の移民持参品である着物シャツ仕立て直したものが起源と言われている。日本の着物惹かれ現地の人にシャツしてほしい依頼されたことが起源という説もある。

1935年日本の反物使ってシャツ作る会社である「ムサシヤ」が出した広告に「アロハシャツ」という名をみることができる。当初生地シルク1950年代までレーヨン主流であったが、以降は主にポリエステル作られている。アロハシャツは、日本の着物生地使われていたため和柄多かったが、洋柄化が進みパイナップルヤシなどトロピカルモチーフのものやカラフルに染めたものを指すようになった現在ではアロハシャツオフィスレストランなどでの着用に留まらず、式典冠婚葬祭などでも着用されるなど男性正装として認知されている。正装として着用する場合には、葬儀婚礼TPO応じた柄によって使い分けられる。

一方、「かりゆし」はアロハシャツヒント開発され1970年沖縄県観光連盟が「おきなわシャツ」として発売したものが始まりである。沖縄県産のシャツ県内各業者がそれぞれ生産していたため、名称が業者によって違っていた。1990年に名称を「かりゆしウェア」と制定し2000年にはデザイン限定緩和2000年開催され九州・沖縄サミット各国の首脳着用したことを契機に広く知られることとなった

「かりゆしウェア」とは

かりゆしウェアハワイアロハシャツをモチーフに作成されものである基本的なデザインは、アロハシャツと同様半袖開襟である。左胸ポケット付き、裾はズボンから出して着用することを前提直線的にカットされている。

かりゆしウェア」は、1970年当時社団法人沖縄県観光連盟会長故・宮里定三氏の発案により開発された「おきなわシャツ」が始まりである。当時は開襟シャツで、ハイビスカス花やデイゴ琉球紅型など伝統工芸品の柄をあしらったものなど沖縄イメージしたデザイン主流であった現在のかりゆしウェア」の定義は「沖縄県であること」「沖縄らしいデザインであること」である。

県内業者によって名称が異なっていたもの1990年に「かりゆしウェア」に制定2000年開催され九州・沖縄サミットに向け、再度ウェアの名称が検討されかりゆしウェア」に統一サミット各国の首脳着用したことで普及した普及するに伴いデザイン多様化し半袖開襟シャツだけでなくボタンダウンスタンドカラーのもの、長袖喪服用のものなども製造されるようになった素材も、月桃使った繊維風化サンゴ混ぜた繊維など沖縄天然素材使い環境配慮したシャツ作られている。

従来は主に中高年男性用として着用されていたが、素材デザイン多様化ともなって女性若い世代着用増え、ビジネスウェアや日常着としてだけではなくフォーマルなものも作られるようになり、沖縄では夏の正装として「かりゆしウェア」が定着している。

「かりゆし」の使い方・例文

友人たちお揃いかりゆしウェアワンピースで、結婚パーティー出席することにした
今年の夏はかりゆしを着て仕事をしよう。
かりゆしウェアは、生地も柄も私の好みだ。
沖縄旅行お土産に、かりゆしウェアいただいた
・かりゆしが正装だったことを知らなかった
沖縄方言の「かりゆし」という言葉奥が深い

かりゆし

沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。

かりゆしウエア」の略。


かりゆし

読み方:かりゆし

方言縁起のよいこと、めでたいことをいう。

かりゆし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 15:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

かりゆし

関連項目



かりゆし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 14:45 UTC 版)

沖縄県農業協同組合」の記事における「かりゆし」の解説

沖縄県(特に先島諸島)から本土への子牛等の輸送にも輸送船用いられる2017年10月17日には、老朽化した琉球海運輸送船にらいかない」の代替として、沖縄県農業協同組合琉球海運セリ事故共助積立金運営委員会等で構成される家畜海上輸送協議会が、琉球海運既存貨物船家畜輸送用改造した家畜輸送船「かりゆし」(9,943総トン全長154.07m)を就航させている。

※この「かりゆし」の解説は、「沖縄県農業協同組合」の解説の一部です。
「かりゆし」を含む「沖縄県農業協同組合」の記事については、「沖縄県農業協同組合」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「かりゆし」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「かりゆし」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かりゆし」の関連用語

かりゆしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かりゆしのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウルマックスウルマックス
©2023 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかりゆし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの沖縄県農業協同組合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS